コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投げる ナゲル

3件 の用語解説(投げるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

な・げる【投げる】

[動ガ下一][文]な・ぐ[ガ下二]
空中へほうる。手にとって遠くへ飛ばす。また、ほうり出す。「池に小石を―・げる」
かかえたり、つかんだりして転ばす。「首をつかんで地面に―・げる」
倒れるように体をほうり出す。また、体をほうり出して自殺する。身投げをする。「いすに身を―・げる」「ビルの屋上から身を―・げる」
あきらめる。途中でやめる。放棄する。「最初から―・げてかかる」「やりかけた仕事を―・げるようなことはしない」
ある方向、方面に向ける。「視線を―・げる」「自分に―・げられた言葉」
[用法]なげる・ほうる――「石を投げる(ほうる)」など、手に取って空中へ飛ばす意では相通じて用いる。◇「なげる」は、力を入れて速く遠くまで飛ばす場合に多く使う。「ボールをなげる」「逃げる犯人に棒をなげる」◇「ほうる」は、それほど力を入れずに軽く飛ばす場合に多く使う。「そこにあるかぎをほうっておくれ」◇「仕事をなげる」は続けられずに止めにすることだが、「仕事をほうって遊ぶ」は、あとまわしにすることである。◇類似の語「投ずる」は「なげる」の文章語で、「千金(一石・一票)を投ずる」は慣用として固定しており、「投げる」には言い換えられない。◇「社会運動身を投ずる」は「なげる」に言い換えられないが、「海に身を投ずる」は「投げる」でもよい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集の解説

投げる

値上がりする希望が持てない為、損を承知で売る事を言います。

出典|ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版の解説

なげる【投げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 な・ぐ
物を手に持って遠くへ飛ばす。ほうる。 「ボールを-・げる」
相撲や柔道で、「投げ」の技をする。 「土俵の外に-・げる」
自分の身体を、ほうり出す。 「身を-・げる」 「五体を地に-・げ/平家 10
離れた地点にまで届かせる。 「光を-・げる」 「話題を-・げる」
本気で立ち向かうことを途中でやめる。 「勝負を-・げる」
囲碁・将棋で、対局の途中で勝算のないことが明らかになり、負けを認めて勝負をやめる。
[慣用] さじを- ・手袋を- / 賽さいは投げられた

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投げるの関連キーワード織り上げる焦げる脱げる塞げる見下げる捥げる挿げる煮上げる擡げる安らげる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投げるの関連情報