コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放る ハナル

デジタル大辞泉の解説

はな・る【放る】

[動ラ下二]はな(放)れる」の文語形

はふ・る【放る】

《「はぶる」とも》
[動ラ四]はなちやる。捨て去る。
「大君を島に―・らば」〈・下・歌謡〉
[動ラ下二]さすらう。また、落ちぶれる。
「親なくなりてのち、とかく―・れて」〈大和・五七〉

ひ・る【放る】

[動ラ五(四)]体外へ出す。ひりだす。「(へ)を―・る」

ほう・る〔はふる〕【放る/×抛る】

[動ラ五(四)]
遠くへ投げる。乱暴に、または無造作に投げる。「ボールを―・る」「新聞を―・ってよこす」
途中でやめる。また、そのまま放置する。「勉強を―・って遊びに行く」「泣いても―・っておく」
あきらめて放棄する。「試験を―・る」
投げる用法
[可能]ほうれる

ほ・る【放る/×抛る】

[動ラ五(四)]《「ほうる」の音変化》
捨ててそのままにする。「やりかけで―・っておく」「うわさなんて―・っておけ」
投げる。
「やら腹立ちに門口へ―・れば」〈浄・歌祭文

ま・る【放る】

[動ラ四]大小便をする。排泄(はいせつ)する。
「屎(くそ)―・り散らしき」〈・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はふる【放る】

( 動四 )
〔「はぶる」とも〕 遠くへ放ちやる。追放する。 「大君を島に-・らば/古事記
( 動下二 )
放ち捨てられる。放浪する。落ちぶれる。 「かかる道の空にて-・れぬべきにやあらむ/源氏 夕顔

ひる【放る】

( 動五[四] )
〔「嚔る」と同源〕
体の外に出す。排泄はいせつする。産む。 「屁を-・る」 「しらみが卵を-・る」

ほうる【放る】

( 動五[四] )
〔「はふる」の転〕
遠くへ投げる。無造作に投げる。 「ボールを-・る」 「窓から-・る」
途中でやめる。なげだす。 「英語の勉強をはじめたが中途で-・ってしまった」
手をつけないで成り行きにまかせる。うち捨ててかえりみない。 「当分-・っておいて様子をみよう」 「心配で-・ってはおけない」 「 - ・ッテオケ/ヘボン 三版
[可能] ほうれる

まる【放る】

( 動四 )
大小便をする。排泄する。 「大嘗おおにえを聞こしめす殿に屎くそ-・り散らしき/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

放るの関連キーワードやら腹立ちアジャストおっ放る大小便ぽいと投ずる体外乱暴同源夕顔其方大君

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放るの関連情報