コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗リウマチ剤 こうリウマチざい anti rheumatic drug

2件 の用語解説(抗リウマチ剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗リウマチ剤
こうリウマチざい
anti rheumatic drug

リウマチ性疾患,特に慢性関節リウマチの治療薬剤のなかで,金剤,Dペニシラミン製剤など,消炎作用を持たず,主に患者の免疫異常を是正する薬を指す。注射剤であること,副作用が一定頻度であることなど,使いにくい薬剤だったが,経口金剤,ロベンザリット,ブシラミンなど,経口可能で副作用の発症頻度も低い薬剤が登場,第一線の臨床現場にも浸透し始めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうリウマチざい【抗リウマチ剤】

リウマチの原因となる酵素などのタンパクの生成を抑制することにより、症状を緩和する薬剤。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗リウマチ剤の関連キーワード慢性関節リウマチリウマチ様関節炎リウマトイド因子リウマチ月間ブイヨーの法則関節リウマチに関する団体実験的慢性関節リウマチ多発性関節リウマチリウマチ性関節炎リウマチ性疾患

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone