コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)染(め) ヌキゾメ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐ぞめ【抜(き)染(め)】

抜染(ばっせん)

ばっ‐せん【抜染】

[名](スル)捺染(なっせん)法の一。無地染めの布帛(ふはく)に抜染剤をまぜた糊(のり)をつけ、蒸気薬品でその部分の地色を抜いて模様を表すこと。脱色とともに他の色で染めることもある。ぬきぞめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

抜染【ばっせん】

〈ぬきぞめ〉とも。捺染(なっせん)の一種。無地染めした布に還元剤または酸化剤を含む抜染糊(のり)をプリントし,その部分の色を抜いて模様をつける染色法。白く抜く白色抜染と,抜色作用を受けない他の染料を抜染糊に加えてその色に染め変える着色抜染がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばっせん【抜染】

〈ぬきぞめ〉ともいう。捺染(なつせん)の一種。木綿の布地を例にとれば,まず直接染料(アゾ系)で浸染して無地の染色物とし,次に染料を漂白する作用のある抜染のりを使って模様を捺染すると,その模様のところだけ直接染料が漂白され白い模様ができる。この白い模様はさらに別の染料を使って捺染し,そこだけ別の色に染めることもできる。無地染に用いる染料は抜染剤で漂白可能な染料,すなわち抜染剤で化学反応(還元反応)を受け化学構造が分解する染料を使用する必要があり,一般的にセルロース繊維にはアゾ系の直接染料,動物タンパク繊維の場合はアゾ系の酸性染料が用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばっせん【抜染】

捺染なつせん法の一。いったん無地染めにした布や糸の一部分に抜色剤を含む糊のりを印捺し、蒸気処理で脱色すること。脱色と同時に他の色を染めることもある。ぬきぞめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の抜(き)染(め)の言及

【捺染】より

…繊維製品の染色には,染浴に浸す浸染と,染料を含む捺染のり(糊)を印捺して模様染を行う捺染がある。
[捺染の技法]
 捺染は技法的には直接捺染法,抜染法,防染法などを含み,操作的には機械捺染,手捺染に分類される。まず染料や助剤をのりと練り合わせて捺染のりをつくり,一般的には捺染機で布地に捺染のりを印捺(プリント)する。…

※「抜(き)染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抜(き)染(め)の関連キーワード抜き染め・抜染めクロラミンアゾ染料抜染絣一部分更紗大紋硫黄銘仙

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android