コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割れる/破れる ワレル

1件 の用語解説(割れる/破れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わ・れる【割れる/破れる】

[動ラ下一][文]わ・る[ラ下二]
強い力が加わるなどして、固体がいくつかに分かれ離れる。こわれて細かくなる。「茶碗が―・れる」「卵が―・れる」「氷が―・れる」
裂け目ができる。また、傷がついて開いた状態になる。「地震で地が―・れる」「ぱっくりと―・れた額」
まとまっているもの、組織などが二つ以上に分かれる。分かれてまとまりがなくなる。分裂する。「意見が―・れる」「党が―・れる」「票が―・れる」
そろえた両膝の間が空く。「浴衣の膝が―・れて素肌が見える」
隠れていたものなどが現れる。秘密などが明らかになる。「底が―・れる」「身元が―・れる」「犯人(ほし)が―・れる」
音が濁って聞きとりにくくなる。「音が―・れる」
(「われるような」「われんばかりの」などの形で、比喩的に用いる)物事の程度がはなはだしいさまをいう。「場内―・れんばかりの拍手」「頭が―・れそうに痛い」
割り算で、余りのない答えがでる。わりきれる。「九は三で―・れる」
手形割引で現金化される。「手形が―・れる」
10 相場が下落してある値段以下になる。「株価が―・れる」
11 《「縦に割れる」の形で》野球の投球で、上下に大きく曲がるさまをいう。「―カーブ」
12 あれこれ思って心が乱れる。
「聞きしよりものを思へば我(あ)が胸は―・れて砕けて利心(とごころ)もなし」〈・二八九四〉
13 勝負がつかないままで終わる。引き分ける。
「―・れたるは半月の夜の相撲かな」〈伊勢踊〉
[下接句]御釜(おかま)が割れる尻(しり)が割れる底が割れる種が割れるねたが割れる面が割れる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割れる/破れるの関連キーワード縊れる削れる毀れる曝れる群れる揺れるたく・れる腫れる

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone