割れる/破れる(読み)ワレル

デジタル大辞泉の解説

わ・れる【割れる/破れる】

[動ラ下一][文]わ・る[ラ下二]
強い力が加わるなどして、固体がいくつかに分かれ離れる。こわれて細かくなる。「茶碗が―・れる」「卵が―・れる」「氷が―・れる」
裂け目ができる。また、傷がついて開いた状態になる。「地震で地が―・れる」「ぱっくりと―・れた額」
まとまっているもの、組織などが二つ以上に分かれる。分かれてまとまりがなくなる。分裂する。「意見が―・れる」「党が―・れる」「票が―・れる」
そろえた両膝の間が空く。「浴衣の膝が―・れて素肌が見える」
隠れていたものなどが現れる。秘密などが明らかになる。「底が―・れる」「身元が―・れる」「犯人(ほし)が―・れる」
音が濁って聞きとりにくくなる。「音が―・れる」
(「われるような」「われんばかりの」などの形で、比喩的に用いる)物事の程度がはなはだしいさまをいう。「場内―・れんばかりの拍手」「頭が―・れそうに痛い」
割り算で、余りのない答えがでる。わりきれる。「九は三で―・れる」
手形割引で現金化される。「手形が―・れる」
10 相場が下落してある値段以下になる。「株価が―・れる」
11 (「縦に割れる」の形で)野球の投球で、上下に大きく曲がるさまをいう。「―・れるカーブ」
12 あれこれ思って心が乱れる。
「聞きしよりものを思へば我(あ)が胸は―・れて砕けて利心(とごころ)もなし」〈・二八九四〉
13 勝負がつかないままで終わる。引き分ける。
「―・れたるは半月の夜の相撲かな」〈伊勢踊〉
[下接句]御釜(おかま)が割れる尻(しり)が割れる底が割れる種が割れるねたが割れる面が割れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android