コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捏ねる コネル

4件 の用語解説(捏ねるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ・ねる【×捏ねる】

[動ナ下一][文]こ・ぬ[ナ下二]
粉状の物に水などを加えて練る。また、ねばりけのある固まりなどを練って、ある形にする。また、そのような動作をする。「小麦粉を―・ねる」「粘土を―・ねて土器を作る」「投手が新しいボールを―・ねる」
筋の通らない理屈などを繰り返ししつこく言う。また、無理なことをあれこれ言って困らせる。「だだを―・ねる」「屁(へ)理屈を―・ねる」

つく・ねる【×捏ねる】

[動ナ下一][文]つく・ぬ[ナ下二]
手でこねて丸く作る。こねてまるめる。「米の粉を―・ねて団子を作る」
無秩序に積み重ねる。
「叔父の羽織がくしゃくしゃになって隅の方に―・ねてあった」〈秋声・足迹〉
腕組みする。つかねる。
「手ヲ―・ネル」〈和英語林集成

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こねる【捏ねる】

( 動下一 ) [文] ナ下二 こ・ぬ
粉や土に水などを加えて練る。 「小麦粉を-・ねてうどんを打つ」 「泥を-・ねる」
(理屈・無理・難題などを)あれこれと言う。こね回す。 「理屈を-・ねる」 「だだを-・ねる」 「あんな奴らが-・ねるとな/浄瑠璃・忠臣金短冊」

つくねる【捏ねる】

( 動下一 ) [文] ナ下二 つく・ぬ
こねて固める。 「ひき肉を-・ねて団子にする」
たばねる。 「 - ・ねたる髪で乱れぬ旅の留守/柳多留 165
両手を組み合わせる。 「末座にきと手を-・ね/咄本・醒睡笑」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捏ねるの関連キーワード拗ねる綰ねる刎ねる真似る言連ねる折重ねる書連ねる食兼ねる飛跳ねる申兼ねる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

捏ねるの関連情報