コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接見交通 せっけんこうつう

2件 の用語解説(接見交通の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接見交通
せっけんこうつう

拘禁中の被告人,被疑者が弁護人や家族と面会,書類もしくは物の授受を行うことをいう (刑事訴訟法 39,80~81) 。勾留されている被告人の場合には,原則として弁護人と自由無制限接見交通する権利を有するほか,それ以外の者とも法令の範囲内で接見交通することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっけんこうつう【接見交通】

刑事手続により身柄の拘束を受けている者と外部の者とが面会すること。面会だけでなく書類・物の授受を含めて接見交通という場合も多い。 逮捕,勾引,勾留等,事由のいかんを問わず身体の拘束を受けている被告人・被疑者は,弁護人(弁護人になろうとする者を含む)と立会人なしで接見交通をすることができる(刑事訴訟法39条1項)。立会人がない点を指して秘密交通権とも呼ばれ,防御上最も重要な基本的権利の一つである。もっとも,刑事訴訟法は,同時に,起訴前段階では,被疑者が防御の準備をする権利を不当に制限しないかぎり,捜査機関は,捜査のため必要があるときは,接見の日時,場所および時間を指定できると定める(同条3項)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

接見交通の関連情報