コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推計課税 すいけいかぜい

2件 の用語解説(推計課税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推計課税
すいけいかぜい

所得税法人税について,税務署長が税額を推計して居住者や法人に課税すること。申告納税制度のもとでは納税者の申告によって税額が確定するのが原則であるが,帳簿書類がないために収支の実額が把握できない,帳簿書類の内容が不正確で真実性に乏しい,税務調査に対して非協力であるために収支の実額が把握できないといった場合に認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すいけいかぜい【推計課税】

税務署長が所得税や法人税について更正・決定する場合に,直接的な資料によらず各種の間接的な資料(納税者の財産,収入・支出の状況など)を用いて所得を推計すること。所得税・法人税の理想は,直接資料に基づき所得の実額に課税することであるが,それが不可能な場合に,やむをえぬ方法として推計による課税が認められる。推計課税は,例外的な課税方法であるから,納税者が帳簿書類を備えていない場合,帳簿書類を備えていても内容が不正確で信頼性に乏しい場合,納税者が税務調査に非協力的な場合にのみ許される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

推計課税の関連キーワード更正決定人税租税法修正申告署長税務会計所得税法法人税法所得割所得課税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone