コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘入/抓入 ツミレ

百科事典マイペディアの解説

摘入【つみいれ】

つみれ,摘煎(つみいり)とも。魚のすり身に卵,カタクリ粉,塩等を加えてすりまぜ,だんごにまるめて熱湯でゆであげたもの。汁の実やおでん種等に使用。白身の魚が上等であるが,アジ,イワシ等にショウガを加えたりしたものも使用。
→関連項目練製品

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

つみれ【摘入】

魚などのすり身に片栗粉などのつなぎと調味料を加えて混ぜ、スプーンなどで少しずつまとめて汁に落とし入れ、煮たもの。椀種鍋料理などに用いる。◇「つみいれ」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

つみれ【摘入】

〔「つみいれ」の転〕
すりつぶした魚肉を卵や小麦粉などをつなぎにしてこね合わせ、少しずつ摘み取ってまるめ、汁に入れて煮たもの。
魚肉をすって団子のようにまるめて蒸したもの。つみいれはんぺん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

摘入/抓入の関連キーワード摘み入れ・摘入れはんぺんつみれ摘入れ小麦粉魚肉

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android