コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘入/抓入 ツミレ

4件 の用語解説(摘入/抓入の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つみれ【摘入/×入】

《「つみいれ」の音変化》魚のすり身に卵・片栗粉などのつなぎと調味料を入れてまぜ、少しずつちぎって熱湯でゆでたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

摘入【つみいれ】

つみれ,摘煎(つみいり)とも。魚のすり身に卵,カタクリ粉,塩等を加えてすりまぜ,だんごにまるめて熱湯でゆであげたもの。汁の実やおでん種等に使用。白身の魚が上等であるが,アジ,イワシ等にショウガを加えたりしたものも使用。
→関連項目練製品

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

つみれ【摘入】

魚などのすり身に片栗粉などのつなぎと調味料を加えて混ぜ、スプーンなどで少しずつまとめて汁に落とし入れ、煮たもの。椀種・鍋料理などに用いる。◇「つみいれ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つみれ【摘入】

〔「つみいれ」の転〕
すりつぶした魚肉を卵や小麦粉などをつなぎにしてこね合わせ、少しずつ摘み取ってまるめ、汁に入れて煮たもの。
魚肉をすって団子のようにまるめて蒸したもの。つみいれはんぺん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摘入/抓入の関連キーワード擂り身鳴門みつみつし包み飯積石摘入れ鳴門巻あつみつみれつみいれ(摘入)