コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線化学反応 ほうしゃせんかがくはんのうradiation‐chemical reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんかがくはんのう【放射線化学反応 radiation‐chemical reaction】

物質中に荷電粒子や電磁波放射線が照射されると,放射線は主として物質中の電子と相互作用してそのエネルギーを与える。その結果,エネルギーを得た物質中の電子がたたき出されるイオン化と,高いエネルギー準位に上げられる電子励起が起こる。イオン化によって生じたイオンが一部再結合し,また励起状態が一部化学結合の解離をひき起こしたりする過程を経て,イオン,ラジカル,励起状態が生成される。これらの化学種はいずれも反応性に富んでおり,中間活性種または短寿命活性種と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の放射線化学反応の言及

【放射線分解】より

…これらの化学種は反応性に富み,物質系の化学結合の切断や組換えをひき起こし,化学反応を誘起する。放射線照射後,活性種の生成から化学反応に至る一連の過程において,化学結合の切断や組換えなどに至る過程を,化合物の分解という面を強調して放射線分解と呼ぶが,放射線分解の結果ひき起こされる放射線化学反応との区分を明確にすることは困難であり,放射線化学反応を含めた広い意味で使われることも多い。
[水の放射線分解]
 種々の化合物について放射線分解の研究が行われているが,最も理解が進んでいるのは水に関してである。…

※「放射線化学反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放射線化学反応の関連キーワード放射線分解剛性溶媒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android