コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敢国神社 アエクニジンジャ

5件 の用語解説(敢国神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あえくに‐じんじゃ〔あへくに‐〕【敢国神社】

三重県伊賀市にある神社。祭神は敢国津神(あえのくにつかみ)。伊賀国一の宮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

敢国神社【あえくにじんじゃ】

三重県上野市(現・伊賀市)一之宮に鎮座。旧国幣中社。主祭神敢国津神(あえのくにつかみ)は四道将軍の一人大彦命(おおひこのみこと)と同一とされる。延喜式では国幣の大社で伊賀国の一宮。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あえくにじんじゃ【敢国神社】

三重県上野市一之宮に鎮座。敢国津神(あえのくにつかみ)を主神とし,少彦名命,金山毘売命を配祀する。敢国津神は,崇神天皇のときに派遣されたと伝えられる四道将軍の一人で,阿閇臣(あへのおみ),伊賀臣らの祖大彦命のことといい,神社の北約1kmに大彦命の墓と伝承される前方後円墳があり,伊賀国阿閇郡の開拓神であろう。873年(貞観15)正五位下に叙され,延喜の制で国幣の大社,のち伊賀国の一宮とされる。中世,南宮菩薩とよばれ,近世藤堂氏が藩主として入国以来あつく崇敬し,藤堂高虎は1614年(慶長19)に107石余の黒印領を寄進,祭事も復興した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あえくにじんじゃ【敢国神社】

三重県伊賀市一之宮にある神社。伊賀国一の宮。敢国津神あえのくにつかみ(大彦命)を主神とし、少彦名神すくなびこなのかみ・金山比咩命かなやまびめのみことを配祀はいし

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敢国神社
あえくにじんじゃ

三重県伊賀(いが)市一之宮(いちのみや)に鎮座。敢国津神(あへのくにつかみ)を主祭神とし、少彦名命(すくなひこなのみこと)、金山比(かなやまひめのみこと)を配祀(はいし)する。敢国津神は崇神(すじん)朝の四道将軍の一人で、阿閇臣(あへのおみ)の祖、大彦命(おおひこのみこと)に比定されている。当社の北方には、大彦命の墓と伝えられる三重県下最大の前方後円墳(5世紀初頭)御墓山(みはかやま)古墳(国の史跡)もあり、伊賀国(三重県)阿拝(あへ)郡を根拠地とする古代豪族、阿閇(あへ)(敢(あへ))氏の奉斎した神社であろう。延喜(えんぎ)式内社で、伊賀国一宮。1579年(天正7)と1581年の天正(てんしょう)伊賀の乱(織田信長の伊賀攻略戦)で一時衰退したが、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)に津(つ)藩主藤堂高虎(とうどうたかとら)によって復興され、伊賀地方の中心神社として繁栄した。1871年(明治4)に国幣中社。例大祭(12月5日)の獅子神楽(ししかぐら)は県の無形民俗文化財。[渡辺 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敢国神社の関連キーワード伊賀国貫前神社三重県三重大学唐沢山神社穂高神社一之宮貫前神社上野市国津神敢忍国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone