コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敢国神社 アエクニジンジャ

百科事典マイペディアの解説

敢国神社【あえくにじんじゃ】

三重県上野市(現・伊賀市)一之宮に鎮座。旧国幣中社。主祭神敢国津神(あえのくにつかみ)は四道将軍の一人大彦命(おおひこのみこと)と同一とされる。延喜式では国幣の大社で伊賀国の一宮

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あえくにじんじゃ【敢国神社】

三重県上野市一之宮に鎮座。敢国津神(あえのくにつかみ)を主神とし,少彦名命,金山毘売命を配祀する。敢国津神は,崇神天皇のときに派遣されたと伝えられる四道将軍の一人で,阿閇臣(あへのおみ),伊賀臣らの祖大彦命のことといい,神社の北約1kmに大彦命の墓と伝承される前方後円墳があり,伊賀国阿閇郡の開拓神であろう。873年(貞観15)正五位下に叙され,延喜の制で国幣の大社,のち伊賀国の一宮とされる。中世,南宮菩薩とよばれ,近世藤堂氏が藩主として入国以来あつく崇敬し,藤堂高虎は1614年(慶長19)に107石余の黒印領を寄進,祭事も復興した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あえくにじんじゃ【敢国神社】

三重県伊賀市一之宮にある神社。伊賀国一の宮。敢国津神あえのくにつかみ(大彦命)を主神とし、少彦名神すくなびこなのかみ・金山比咩命かなやまびめのみことを配祀はいし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敢国神社
あえくにじんじゃ

三重県伊賀(いが)市一之宮(いちのみや)に鎮座。敢国津神(あへのくにつかみ)を主祭神とし、少彦名命(すくなひこなのみこと)、金山比(かなやまひめのみこと)を配祀(はいし)する。敢国津神は崇神(すじん)朝の四道将軍の一人で、阿閇臣(あへのおみ)の祖、大彦命(おおひこのみこと)に比定されている。当社の北方には、大彦命の墓と伝えられる三重県下最大の前方後円墳(5世紀初頭)御墓山(みはかやま)古墳(国の史跡)もあり、伊賀国(三重県)阿拝(あへ)郡を根拠地とする古代豪族、阿閇(あへ)(敢(あへ))氏の奉斎した神社であろう。延喜(えんぎ)式内社で、伊賀国一宮。1579年(天正7)と1581年の天正(てんしょう)伊賀の乱(織田信長の伊賀攻略戦)で一時衰退したが、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)に津(つ)藩主藤堂高虎(とうどうたかとら)によって復興され、伊賀地方の中心神社として繁栄した。1871年(明治4)に国幣中社。例大祭(12月5日)の獅子神楽(ししかぐら)は県の無形民俗文化財。[渡辺 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

敢国神社の関連キーワード三重県伊賀市一之宮三重県伊賀市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敢国神社の関連情報