コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文政改革 ぶんせいかいかく

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんせいかいかく【文政改革】

1827年(文政10)から29年にかけて,関東の農村を対象として実施された支配強化のための改革。19世紀前半の文化・文政期(1804‐30)の関東の農村は小農経営が解体し,高利貸資本としての豪農経営が展開する一方,土地を失い没落する農民が多数発生し,彼らが無宿人や渡世人として横行するようになった。このような遊民層の取締りを任務として設置されたのが1805年の関東取締出役であり,さらに,この取締り支配の方向を徹底させるために行われたのが文政改革である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の文政改革の言及

【組合村】より

…これらの組合村は,それぞれ組合議定を慣習的に,あるいは明文化してもっており,違反した村は制裁を受けた。(2)江戸幕府は関東地方における治安取締りのために1805年(文化2)関東取締出役を設置したが,さらに取締りを強化するため27年文政改革を行い,その中心に組合村の設定を置いた。この改革はこれまでの警察的な村落治安の強化に加えて,在方商人,農間渡世人の調査,職人の手間賃の規制など商業・職人統制にも着手し,経済面からも小農村落の解体化に対応しようとしたものであり,政策実施を末端まで浸透させる方法として組合村を結成させ,組合村単位に調査,統制を行ったのである。…

※「文政改革」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文政改革の関連キーワードカニング冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチマキシモヴィッチカライスカキスナバリノの海戦カニング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文政改革の関連情報