コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新居浜平野 にいはまへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新居浜平野
にいはまへいや

愛媛県東部,新居浜市域を中心とする平野国領川の下流域を主とし,西方は道前平野に続く。第2次世界大戦後,道前平野を含めて新居浜平野とされたが,最近現地の要望により,戦前のように新居浜,道前の2つの平野に分けて呼ばれるようになった。瀬戸内地方の重化学工業地域を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいはまへいや【新居浜平野】

愛媛県北東部,燧(ひうち)灘に面する平野。中央構造線に沿う石鎚断層崖によって画された平野南部は,急傾斜面をなして直線状に東西にのび,北に向けて小扇状地が連続する。広義には西の道前平野(西部を周桑(しゆうそう)平野,東部を西条平野と呼ぶ),中央の東新平野,東の宇摩平野を総称して新居浜平野という。狭義には国領川のつくる扇状地状三角州の東新平野を指し,新居浜市域中心部にあたる。道前平野は中山川,加茂川などの形成する沖積平野で,干拓地や埋立地も広がり,東予市,周桑郡丹原町,小松町,西条市にわたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕新居浜平野(にいはまへいや)


愛媛県北東部の平野。狭義には国領(こくりょう)川下流域の東新(とうしん)平野をさす。広義には西から周桑(しゅうそう)・西条(さいじょう)・東新・宇摩(うま)の各平野の総称。北は燧灘(ひうちなだ)に面し、南は中央構造線の石鎚断層崖(いしづちだんそうがい)が東西に走る。山麓(さんろく)ではミカン・カキ、平野部はタマネギなどを生産。沿岸部は1964年(昭和39)、東予(とうよ)新産業都市区域に指定され臨海工業地帯に発展した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新居浜平野
にいはまへいや

愛媛県東部の新居浜市域を中心にした国領(こくりょう)川とその支流による沖積平野。面積約35平方キロメートル。燧灘(ひうちなだ)沿岸からわずか8キロメートルを隔てて中央構造線の石鎚(いしづち)大断層崖(がい)が東西方向に走り、そこから流下する国領川などが崖下に複合扇状地をつくり、さらに氾濫(はんらん)原、三角州と続く。河川は伏流し地表水は少ないので、畑地が多い。国領川河口右岸は近世より、左岸は昭和期に大規模な埋立てが行われた。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新居浜平野の関連キーワード愛媛(県)タマネギ四国地方燧灘