コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新旭 しんあさひ

2件 の用語解説(新旭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新旭
しんあさひ

滋賀県北西部,高島市中東部の旧町域。琵琶湖中西岸にある。 1955年新儀村と饗庭村が合体し町制。 2005年マキノ町,今津町,朽木村,安曇川町,高島町の5町村と合体して高島市となった。安曇川下流北岸の沖積地と饗庭野洪積台地からなり,米作が主。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新旭
しんあさひ

滋賀県北西部、高島郡にあった旧町名(新旭町(ちょう))。現在は高島市中東部を占める地域。旧、新旭町は、1955年(昭和30)新儀(しんぎ)、饗庭(あえば)の2村が合併して成立。町名は合併時の公募による。2005年(平成17)マキノ、今津(いまづ)、安曇川(あどがわ)、高島の4町および朽木(くつき)村と合併し、高島市となる。高島市役所の所在地。地域の東部は琵琶(びわ)湖西岸で安曇(あど)川の沖積平野、西部は標高約200メートルの饗庭野洪積台地からなる。JR湖西(こせい)線が通じる。北端の木津(こうづ)は琵琶湖の湖港で西近江(おうみ)路(国道161号)の宿駅としても栄えた。開発は古く、縄文時代以来の遺跡も多い。基本的には水田農業の町であるが、近世以降は各種の農村工業が発達し、とくに高島縮(ちぢみ)の織布で知られた。現在はクレープなどの織布業が盛ん。湖畔にはオランダ風車と花菖蒲(しょうぶ)園がある新旭風車村や、水鳥観察センターがつくられている。[高橋誠一]
『『新旭昔ばなし』(1973・新旭町) ▽『新旭町誌』(1985・新旭町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新旭の関連キーワード今津〈町〉滋賀県高島市今津町中沼滋賀県高島市音羽滋賀県高島市鴨滋賀県高島市鹿ケ瀬新旭〈町〉滋賀県高島市高島滋賀県高島市野田滋賀県高島市拝戸滋賀県高島市畑

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新旭の関連情報