コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中東呼吸器症候群(読み)ちゅうとうこきゅうきしょうこうぐん(英語表記)Middle East Respiratory Syndrome

知恵蔵の解説

中東呼吸器症候群

MERS」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

知恵蔵miniの解説

中東呼吸器症候群

新種のコロナウイルス「MERS(マーズ)コロナウイルス」による感染症。MERSは英名の略称。感染すると2~15日の潜伏期間の後、肺炎や下痢などの症状が現れる。糖尿病や心臓病などの慢性疾患患者や高齢者は重症化しやすく、死に至るケースも少なくない。ヒトからヒトへの感染報告はあるが、医療機関や家族間での濃厚接触による感染に限られている。2012年にサウジアラビアで初めて発見されて以来、中東諸国を中心に感染者が増加し、ヨーロッパ諸国やアメリカなどでも中東への渡航歴のある人の感染が確認されている。14年4月以降は特に感染者が急増しており、日本でも感染者が確認される可能性があることから、同年5月、厚生労働省は中東呼吸器症候群を感染症法の指定感染症と検疫法の検疫感染症に指定する方針を決定した。

(2014-5-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中東呼吸器症候群
ちゅうとうこきゅうきしょうこうぐん
Middle East respiratory syndrome

急性の呼吸器疾患を起こす感染症。略称 MERS(マーズ)。2012年サウジアラビアジッダで初めて症例がみられ,まもなく周辺の中東諸国で,のちにヨーロッパや北アフリカ諸国,中東から遠く離れた中国や大韓民国(韓国),アメリカ合衆国でも報告された。サウジアラビア国外における最大規模の流行は,2015年中東からの帰国者が発病したことに始まる,韓国での事例である。国際的な公衆衛生緊急事態を引き起こしかねないと懸念されたが,ヒトからヒトへの感染力が限定的だったため,世界的大流行は防げると考えられた。病原体MERSコロナウイルス。症状は感染後 2~14日で現れ,初期症状は咳嗽発熱,息切れなどだが,下痢吐き気嘔吐,筋肉痛などを生じることがある。急性呼吸促迫症候群 ARDS,血管内凝固症候群 DIC,腎不全,心膜炎などの合併症が引き起こされることがある。治療法は対症療法。深刻な容体に陥った患者の 60%が入院の必要に迫られ,報告された症例では患者の 30%が死亡している。ヒトからヒトへの感染の主要な経路は,密接な接触であるとみられる。中東における症例にはヒトからヒトへの感染の証拠がないものがあり,これは病原としてヒト以外の生物の関与を示している。諸研究から,中東やアフリカに生息するラクダの間で MERSコロナウイルスの感染が拡大していることが明らかとなった。同地域ではヒトがラクダと接触する可能性が高いことから,ラクダがヒトへの感染源,自然宿主ではないかと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中東呼吸器症候群
ちゅうとうこきゅうきしょうこうぐん
Middle East respiratory syndrome

2012年9月に初めて報告された死亡率の高い新種コロナウイルスの感染症。英語名の頭文字をとってMERS(マーズ)と略称される。中東各国とヨーロッパで感染者が確認されたが、いずれも滞在した中東での感染とみられる。2014年1月の時点で、世界保健機関(WHO)のまとめでは、患者は178人で、うち75人が死亡した。
 この病気だと最初に報告された患者はサウジアラビアに渡航歴のある49歳のカタール人男性で、2012年9月、自国にて中等度の呼吸器症状を訴え、急激に重症化し、集中治療のためにイギリスの病院へ搬送された。痰(たん)などの検査で新種のコロナウイルスの遺伝子が確認されたが、2002年から翌年にかけて流行した重症急性呼吸器症候群(SARS(サーズ))の原因であるコロナウイルスと近縁ながら異なるウイルスであった。
 2012年7月、サウジアラビアで入院11日後に集中治療室で亡くなった急性肺炎の60歳男性患者も、カタールの発症例と同様に急性肺炎から腎不全(じんふぜん)を併発した。最初の遺伝子検査では、急性呼吸器ウイルスは陰性であったが、コロナウイルス共通の遺伝子だけが陽性で、コロナウイルスに感染した疑いが濃厚となった。その後の検査で、カタールの発症例で検出されたものと99.5%同一のウイルス遺伝子が検出された。
 その後、中東諸国を中心に似た症状の患者が続発したことから、新型のウイルス病であることが確実になった。国際ウイルス分類委員会は2013年5月、この病気を中東呼吸器症候群(MERS)、原因ウイルスをMERSコロナウイルスと命名した。
 おもな症状は発熱、咳(せき)、肺炎など。感染すると2~15日の潜伏期を経て、重症肺炎のほか、下痢、腎臓障害などを引き起こす。特別有効な薬や治療法はなく、集中治療室での管理などの対症療法となる。患者の8割は男性、死者は60代以降で、糖尿病や心臓などの慢性疾患患者がほとんどである。高率ではないが家族内、病院内感染も起こりうる。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中東呼吸器症候群の関連情報