方術(読み)ホウジュツ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじゅつ【方術 fāng shù】

中国古代におけるさまざまの専門的技術,技芸の総称。方術を駆使した人たちは〈方士〉とよばれる。《荘子》天下篇では,〈道術〉にたいして〈方術〉の語が用いられ,普遍的,根源的な道理の実際面への運用,したがって一面的,局部的な学問技術を意味しているが,後世にいたるまで方術には蔑称のひびきがともなう。漢代における方術の具体的な内容は,《漢書》芸文志が数術略にかぞえあげている天文,暦譜,五行,蓍亀(きき)(占筮),雑占,形法(風水ならびに相術)の六家,方技略にかぞえあげている医経,経方(治療術),房中(男女交合の術),神僊(仙)の四家をはじめとして,諸子略のなかの陰陽家,小説家等にうかがうことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじゅつ【方術】

方法。手段。
技術。わざ。
仙人の使う霊妙な術。神仙術。法術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐じゅつ ハウ‥【方術】

〘名〙
① わざ。技芸。また、てだて。方法。手段
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「後世に至れば飲食の事にも千種万様の方術あるが如し」 〔北史‐周澹伝〕
② 陰陽、天文、療治、亀卜など、方士の行なう占術、験術。神仙の術。法術。
※続日本紀‐養老五年(721)正月甲戌「医卜方術、古今斯崇」 〔史記‐始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方術の関連情報