コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方術 ホウジュツ

3件 の用語解説(方術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐じゅつ〔ハウ‐〕【方術】

方法。手段。「別の方術を講じる」
わざ。技術。「卓抜な方術
不老不死の術や医術・易占など、方士の行う術。法術。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじゅつ【方術 fāng shù】

中国古代におけるさまざまの専門的技術,技芸の総称。方術を駆使した人たちは〈方士〉とよばれる。《荘子》天下篇では,〈道術〉にたいして〈方術〉の語が用いられ,普遍的,根源的な道理の実際面への運用,したがって一面的,局部的な学問技術を意味しているが,後世にいたるまで方術には蔑称のひびきがともなう。漢代における方術の具体的な内容は,《漢書》芸文志が数術略にかぞえあげている天文,暦譜,五行,蓍亀(きき)(占筮),雑占,形法(風水ならびに相術)の六家,方技略にかぞえあげている医経,経方(治療術),房中(男女交合の術),神僊(仙)の四家をはじめとして,諸子略のなかの陰陽家,小説家等にうかがうことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうじゅつ【方術】

方法。手段。
技術。わざ。
仙人の使う霊妙な術。神仙術。法術。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方術の関連キーワード専門教育技術者品品専門的万感まざまざ六礼まざまざし・い板野長八

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

方術の関連情報