コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方術 ホウジュツ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐じゅつ〔ハウ‐〕【方術】

方法。手段。「別の方術を講じる」
わざ。技術。「卓抜な方術
不老不死の術や医術・易占など、方士の行う術。法術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじゅつ【方術 fāng shù】

中国古代におけるさまざまの専門的技術,技芸の総称。術を駆使した人たちは〈方士〉とよばれる。《荘子》天下篇では,〈道術〉にたいして〈方術〉の語が用いられ,普遍的,根源的な道理の実際面への運用,したがって一面的,局部的な学問技術を意味しているが,後世にいたるまで方術には蔑称のひびきがともなう。漢代における方術の具体的な内容は,《漢書》芸文志が数術略にかぞえあげている天文,暦譜,五行,蓍亀(きき)(占筮),雑占,形法(風水ならびに相術)の六家,方技略にかぞえあげている医経,経方(治療術),房中(男女交合の術),神僊(仙)の四家をはじめとして,諸子略のなかの陰陽家,小説家等にうかがうことができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじゅつ【方術】

方法。手段。
技術。わざ。
仙人の使う霊妙な術。神仙術。法術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

方術の関連キーワード博士(令制の官職)壺中の天地盈満の咎め本朝神社考芸文類聚嬉遊笑覧壺中の天山背日立法道仙人呪禁師蓬萊山医心方反魂香天文道秦九韶一壺天陰陽師陰陽道道士九星

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android