(読み)シ

デジタル大辞泉の解説

し【施】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) (呉) [訓]ほどこす
〈シ〉計画を実地に移す。実際に行う。「施工施行施策施政施設実施
[補説]「施工・施行」は「せこう」とも読む。
〈セ〉ほどこし与える。「施行(せぎょう)施主施与施療布施
[名のり]とし・のぶ・はる・ます・もち

せ【施】

仏教で、ほどこしをすること。法施・財施・無畏施などをいう。布施。
他人に物を与えること。施与(せよ)。
「貧窮(びんぐう)の所に行きて其の―を受けむ」〈今昔・二・六〉

せ【施】[漢字項目]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せ【施】

〘名〙
① (dāna の訳語) 仏語。貪欲(とんよく)を離れ、他に物をほどこすこと。財施、法施、無畏施など。檀那。布施。
※観智院本三宝絵(984)下「仏とき給、諸の施の中に法施第一也」
② ほどこし与えること。施与。

せ‐・す【施】

〘他サ変〙 金品を他に与える。ほどこす。施行(せぎょう)する。供養する。
※観智院本三宝絵(984)下「財はただ施する人のみ福をう」

ほどこし【施】

〘名〙 (動詞「ほどこす(施)」の連用形の名詞化) 恵み与えること。また、そのもの。布施。恵与。施与。
太平記(14C後)二「下百姓を撫て仁政に施(ホトコシ)ある故也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

施の関連情報