コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日元貿易 にちげんぼうえき

世界大百科事典 第2版の解説

にちげんぼうえき【日元貿易】

日本と中国の元との間で行われた貿易。元は2度にわたり日本に遠征したが(モンゴル襲来),その目的の一つは,日本を朝貢国にし,その富を獲得することにあった。そのため,両国は政治的には緊張状態にありながらも,経済的には交流を保った。すなわち文永の役(1274)と弘安の役(1281)の間にあたる1276年(建治2)日本の商船が中国明州から帰国している。また翌77年に元は泉州,広州,慶元,上海,浦に市舶司を設けて貿易を管理したが,同年に金を携え,銅銭との交易を求めた日本商船にそれを許した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日元貿易の関連キーワード日中貿易代銭納

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android