日元貿易(読み)にちげんぼうえき

世界大百科事典 第2版の解説

にちげんぼうえき【日元貿易】

日本と中国の元との間で行われた貿易。元は2度にわたり日本に遠征したが(モンゴル襲来),その目的の一つは,日本を朝貢国にし,その富を獲得することにあった。そのため,両国は政治的には緊張状態にありながらも,経済的には交流を保った。すなわち文永の役(1274)と弘安の役(1281)の間にあたる1276年(建治2)日本の商船が中国明州から帰国している。また翌77年に元は泉州,広州,慶元,上海,浦に市舶司を設けて貿易を管理したが,同年に金を携え,銅銭との交易を求めた日本商船にそれを許した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android