日本取引所グループ(株)(読み)にっぽんとりひきじょぐるーぷ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本取引所グループ(株)
にっぽんとりひきじょぐるーぷ

金融商品取引所を統括する持株会社。英語名称はJapan Exchange Group,Inc.で、略称JPX。2013年(平成25)1月1日、現物株に強い東京証券取引所グループ(東証グループ)と、先物に強みをもつ大阪証券取引所(大証)が経営統合して発足。東証社長の斉藤惇(さいとうあつし)(1939― )が最高経営責任者、大証社長の米田道生(よねだみちお)(1949― )が最高執行責任者に就いた。傘下には子会社として東証と大証の二つの取引所が残った。2013年7月に現物株式市場を東証に統合。2014年3月にデリバティブ市場を大証に集約し、大阪取引所に商号を変更した。証券会社や上場企業など市場参加者の負担を削減できる点もアピールポイントで、証券会社が東証と大証の双方に支払っていた取引参加料は統合により削減でき、両市場に重複上場していた企業は上場維持費用を減らせる。証券情報会社なども株価データの取得などに支払っていた費用を削減できる。市場統合による減収分は、株式売買の活性化、国際性の高いデリバティブなど新しい商品の開発により補っていく考えである。日本取引所の発足に伴い、地方取引所として残る札幌、名古屋、福岡の3取引所の存在感はますます低落することが予想されており、その再編の行方にも注目が集まっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android