コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海側拠点港

2件 の用語解説(日本海側拠点港の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本海側拠点港

中国や韓国、ロシアなど日本海の対岸諸国の経済発展を日本の成長に取り入れるとともに、東日本大震災を踏まえて災害に強い物流ネットワークの構築に役立つことを目的に国土交通省が選定。全国の対象港湾26港のうち23港が応募、うち19港が「国際海上コンテナ」「国際フェリー・国際RORO船」など機能別に選定された。中でも規模の大きい博多港北九州港など5港は「総合的拠点港」に選定された。

(2011-11-12 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本海側拠点港
にほんかいがわきょてんこう

中国、韓国、ロシアなどの日本海対岸諸国の経済発展を日本の成長に取り込み、国際競争力を強化することなどを目的として、拠点に選定された港。国土交通省が2010年(平成22)に、日本海側拠点港の形成に関する検討委員会を設置し、2011年に19港・28計画、そのうち5港を総合的拠点港として、また、別に4港・4計画を拠点化形成促進港として選定した。選定においては、2011年の東日本大震災時に、日本海側の港湾に太平洋側の港湾の代替機能が求められたことを考慮し、災害に強い物流ネットワークの構築が重視された。なお、選定後も委員会を毎年1回程度開き、それぞれの計画の実施状況を継続して調査・検討している。
 総合的拠点港は新潟港、伏木(ふしき)富山港、下関(しものせき)港、北九州港、博多(はかた)港である。拠点港は輸送モードや貨物の種別により以下のように分けられている。国際海上コンテナ(博多港、北九州港、下関港、新潟港、伏木富山港、秋田港、伊万里(いまり)港、境港、舞鶴(まいづる)港、金沢港)。国際フェリー・国際RORO船(自動車専用船)(博多港、北九州港、下関港、敦賀(つるが)港、稚内(わっかない)港、伏木富山港、舞鶴港)。国際定期旅客(博多港、北九州港、下関港、長崎港、佐世保(させぼ)港)。外航クルーズ・定点クルーズ(博多港、長崎港)。外航クルーズ・背後観光地クルーズ(小樽(おたる)港、伏木富山港、舞鶴港、金沢港、境港)。原木(境港、浜田港)。LNG(直江津(なおえつ)港、新潟港、石狩(いしかり)湾新港)。リサイクル貨物(酒田(さかた)港)。拠点化形成促進港は留萌(るもい)港(原木)、能代(のしろ)港(リサイクル貨物)、七尾(ななお)港(原木)、唐津(からつ)港(外航クルーズ・背後観光地クルーズ)である。
 日本ではハブ港湾が太平洋側に集中しているため、1990年代以降になると、日本海側の港湾は中国や韓国の発展と結びつきながら、環日本海経済圏としての成長を目ざしてきた。たとえば釜山(ふざん)港(韓国)などの対岸のハブ港湾と接続し、定期航路を確保することで、日本海側の港湾が扱う2014年のコンテナ取扱総量は15年前の約7倍にまで拡大している。日本海側拠点港として機能の選択と集中を図ることで、日本海対岸の国々との連携をいっそう強化するとともに、国内の国際コンテナ戦略港湾などと連携を強化し、競争力を強める必要に迫られている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本海側拠点港の関連キーワード山陰道日本海海戦北陸道労農ロシアロシアの恋人G20・G7・G8ロシア極東と中国の貿易光村図書出版宗像・沖ノ島と関連遺産群RORO船

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本海側拠点港の関連情報