コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本通運[株] にっぽんつううん

百科事典マイペディアの解説

日本通運[株]【にっぽんつううん】

国内最大の物流会社。1937年日本通運会社法により国際通運ほか5社を継承,政府出資も加え特殊会社として設立された。以後統合集約を重ね1駅1店制を確立,通運業を独占した。
→関連項目通運事業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんつううん【日本通運[株]】

日本最大の貨物輸送会社。正しくは〈にっぽんつううん〉。略称,日通。江戸時代に江戸~大坂間を走った三度飛脚の業者が,明治にはいって鉄道開通と同じ1872年(明治5)に設立した貨物専門の陸運元会社が日通の前身である。以後鉄道の発達とともに通運業者として成長し,1937年に日本通運株式会社法に基づき半官半民の会社として発足してからは,全国の運送会社を次々に統合し,独占的地位を築きあげた。第2次大戦後の49年に日通法が廃止されて完全な民間企業となり,通運事業のみでなく,陸・海・空にわたる総合物流業者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本通運[株]の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android