コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通運事業 つううんじぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通運事業
つううんじぎょう

鉄道 (軌道および JR航路を含む) を利用しての運送にかかわる各種作業 (特に端末作業など) を,鉄道と荷主の間に立って行う事業。通運事業法 (昭和 24年法律 241号) 第2条ではその種類を,(1) 自己の名によって鉄道による物品運送を行う場合の取次ぎおよび鉄道からの受取り,(2) 他人の名によって鉄道による物品輸送が行われる場合の鉄道への託送および受取り,(3) 鉄道により運送される物品の集貨・配達,(4) 鉄道車両への積込み・取卸し,(5) 鉄道を用いての利用運送人としての業務,の5つに分類している。公益性の観点から免許制度がとられており,運賃・料金改定については運輸大臣の認可を必要とする。免許は取扱駅および上記5種類の種別について行われ,また荷主や取扱貨物などの制限された限定免許と,限定しない一般免許とがある。また区域トラック路線トラック,特定貨物運送事業の免許を受けたものは,同時に上記5種類の免許のうち第3番目の集貨・配送通運免許を受けたものとみなされる。鉄道と密接な関係をもつため,近年の JR貨物輸送量の減退により自動車運送取扱事業 (通運の鉄道をトラック運送事業に置き換えた形の事業) ,区域トラックなど他の兼業部門への傾斜が目立っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つううん‐じぎょう〔‐ジゲフ〕【通運事業】

鉄道による物品運送に伴って、貨物の積み下ろし・集配・運送取り扱いなどを行う事業。平成元年(1989)に廃止された通運事業法による呼称。現在は「貨物利用運送事業」に含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

通運事業【つううんじぎょう】

鉄道貨物の運送の取次,託送,集配などを業務とし,通運事業法で規制される。広義には海運航空運送事業におけるこれらの業務を含む。戦後,第2次大戦中の日本通運による独占を排して競争制をとった。
→関連項目運送業陸運

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つううんじぎょう【通運事業】

鉄道で輸送される貨物の集配,積卸し,取次ぎを行う事業について1990年まで用いられていた名称。鉄道貨物輸送は,線路上の鉄道輸送そのものと,その両端の貨物駅と荷主との間を結ぶ通運とから成立しており,これら両者が結合することによって,はじめて発荷主から着荷主の間における一貫輸送が行える。通運事業はその公共性のゆえに通運事業法(1949公布,1950施行)によって,事業への参入,離脱,運賃,料金などさまざまな面で規制を受けてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つううんじぎょう【通運事業】

通運を行う事業。国土交通大臣の免許を必要とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

通運事業の関連キーワードモータリゼーション日本トランスシティ日本通運[株]国土交通大臣フォワーダートナミ運輸公共運送人物流2法運送約款通運業宅配便丸運

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android