コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通運事業 つううんじぎょう

5件 の用語解説(通運事業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通運事業
つううんじぎょう

鉄道 (軌道および JR航路を含む) を利用しての運送にかかわる各種作業 (特に端末作業など) を,鉄道と荷主の間に立って行う事業。通運事業法 (昭和 24年法律 241号) 第2条ではその種類を,(1) 自己の名によって鉄道による物品運送を行う場合の取次ぎおよび鉄道からの受取り,(2) 他人の名によって鉄道による物品輸送が行われる場合の鉄道への託送および受取り,(3) 鉄道により運送される物品の集貨・配達,(4) 鉄道車両への積込み・取卸し,(5) 鉄道を用いての利用運送人としての業務,の5つに分類している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つううん‐じぎょう〔‐ジゲフ〕【通運事業】

鉄道による物品運送に伴って、貨物の積み下ろし・集配・運送取扱いなどを行う事業。国土交通大臣の免許が必要。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通運事業【つううんじぎょう】

鉄道貨物の運送の取次,託送,集配などを業務とし,通運事業法で規制される。広義には海運航空運送事業におけるこれらの業務を含む。戦後,第2次大戦中の日本通運による独占を排して競争制をとった。
→関連項目運送業陸運

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つううんじぎょう【通運事業】

鉄道で輸送される貨物の集配,積卸し,取次ぎを行う事業について1990年まで用いられていた名称。鉄道貨物輸送は,線路上の鉄道輸送そのものと,その両端の貨物駅と荷主との間を結ぶ通運とから成立しており,これら両者が結合することによって,はじめて発荷主から着荷主の間における一貫輸送が行える。通運事業はその公共性のゆえに通運事業法(1949公布,1950施行)によって,事業への参入,離脱,運賃,料金などさまざまな面で規制を受けてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つううんじぎょう【通運事業】

通運を行う事業。国土交通大臣の免許を必要とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通運事業の関連キーワードJR鉄道省軌道車航進鉄道線路播但線宝石礫および砂三山近六双対鉄道事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone