コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日秀(3) にっしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日秀(3) にっしゅう

1503-1577 戦国-織豊時代の僧。
文亀(ぶんき)3年生まれ。高野山で修行し,補陀落(ふだらく)渡海により琉球に漂着。那覇(なは)に護国寺を建立し,真言宗をひろめる。のち薩摩(さつま)(鹿児島県)にうつり,坊ノ津に一乗院,国分(こくぶ)に正護寺,大隅(おおすみ)に三光院をひらいた。天正(てんしょう)5年9月24日死去。75歳。加賀(石川県)出身,一説に上野(こうずけ)(群馬県)出身とも。字(あざな)は照海。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日秀(3)の関連キーワード文亀

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android