コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早くも ハヤクモ

デジタル大辞泉の解説

はやく‐も【早くも】

[副]
物事の進行や実現が予想外に早いさま。もう。「早くも三年の歳月が流れた」「早くも反響が現れる」
仮に早い場合を想定しても。早くても。「仕上がりは早くも来週になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はやくも【早くも】

( 副 )
物事の進行や実現が思いのほか早いさま。すぐに。 「 -効果が現れた」
どんなに早いとしても。「早くても」の文章語的な言い方。 「完成まで-三日はかかるだろう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

早くもの関連キーワードシューベルト:ピアノ・ソナタ 第2番 ハ長調/piano soloグラズノフ:主題と変奏/piano soloサンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]メトロノーム [metronome]次世代超大型光学赤外線望遠鏡サンフランシスコ・バレエ団G. ディ・ステファノカイリー アービングハラスィモーウィチ栴檀は双葉より芳し逃げ支度・逃支度グラーフシャフトコピーホールダー西インド諸島連邦大野(愛知県)レーナルト効果北越製紙[株]シュトラウスウィンテラーオルトケラス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早くもの関連情報