コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早くも ハヤクモ

デジタル大辞泉の解説

はやく‐も【早くも】

[副]
物事の進行や実現が予想外に早いさま。もう。「早くも三年の歳月が流れた」「早くも反響が現れる」
仮に早い場合を想定しても。早くても。「仕上がりは早くも来週になる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はやくも【早くも】

( 副 )
物事の進行や実現が思いのほか早いさま。すぐに。 「 -効果が現れた」
どんなに早いとしても。「早くても」の文章語的な言い方。 「完成まで-三日はかかるだろう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

早くもの関連キーワードシューベルト:ピアノ・ソナタ 第2番 ハ長調/piano soloグラズノフ:主題と変奏/piano soloサンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]メトロノーム [metronome]次世代超大型光学赤外線望遠鏡サンフランシスコ・バレエ団カイリー アービングハラスィモーウィチ栴檀は双葉より芳し逃げ支度・逃支度グラーフシャフト西インド諸島連邦コピーホールダーレーナルト効果北越製紙[株]大野(愛知県)ウィンテラーJ. シャラビョルンソンオルトケラス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早くもの関連情報