コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早早 ソウソウ

6件 の用語解説(早早の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐そう〔サウサウ〕【早早】

[名]その状態になってすぐの時。多く、他の語の下に付いて用いられる。「開店早早から忙しい」「会う早早用件を切り出す」
[副]急いで物事をするさま。はやばや。「あのようすだと早早帰るだろう」「早早に用事を済ませる

はや‐はや【早早】

[副]人を促して急(せ)かせる語。早く早く。
「遅し。―」〈宇津保・楼上上〉

はや‐ばや【早早】

[副]
普通よりずっと早い時期に行うさま。「早早(と)店仕舞いする」「早早(と)返事をありがとう」
急いで行うさま。
「それこそ易い事、明日は―遣はし申すべき」〈浮・五人女・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうそう【早早】

( 名 )
(多く他の語句の下に付いて)ある状態になってまだ間がないこと。すぐ。直後。 「入社-」 「開始-」
( 副 )
(多く「早々に」の形で)できるだけ早く物事を行おうとする気持ちを表す。急いで。はやばやと。 「仕事を-に切り上げる」 「 -に退散する」

はやはや【早早】

( 副 )
人を促してせきたてるのにいう語。早く早く。 「南の廂ひさしに出で居給へるを-とて乗せ給ふ/宇津保 楼上・上

はやばや【早早】

( 副 )
普通よりも早い時期に物事を行うさま。たいへん早くに。 「 -(と)引き上げる」
急いで物事を行うさま。さっそく。 「それこそやすい事、明日は-遣し申すべき/浮世草子・五人女 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早早の関連キーワード回復生成体力テスト変旋光俯き止し長ける半病気の状態コルアコルプレーニング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早早の関連情報