喧嘩過ぎての棒千切り(読み)ケンカスギテノボウチギリ

デジタル大辞泉の解説

喧嘩(けんか)過(す)ぎての棒(ぼう)千切(ちぎ)り

けんかが終わってから棒切れを持ち出すこと。時機に遅れて効果のないことのたとえ。争い果ててのちぎり木。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんかすぎてのぼうちぎり【喧嘩過ぎての棒千切り】

時機におくれて役に立たないことのたとえ。争い果てての千切り木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android