コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もう モウ

デジタル大辞泉の解説

もう

[副]
現に、ある事態に立ち至っているさま。また、ある動作が終わっているさま。もはや。既に。「もう手遅れだ」「もう子供ではない」「今泣いた烏がもう笑った」
あとわずかの時間で、ある事態になるさま。まもなく。やがて。じきに。「もう終わりますから、しばらくお待ちください」「もう来るだろう」
現にある事物・状態などに、同じものを付け加える気持ちを表す語。さらに。いま。「もうちょっとで車にひかれるところだった」「もう片方の靴下が見つからない」
(あとに打消しの語などを伴って)同じ事をこれ以上繰り返したくないという気持ちを強調する語。二度とは。「もうしませんから許してください」「戦争はもうごめんだ」
自分の判断・感情などを強める気持ちを表す語。感動詞的にも用いる。まさに。なんとも。「これはもう疑う余地のない事実だ」「嫌になっちゃうなあ、もう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もう

( 副 )
時間や程度が、ある基準や節目を超える意を表す。もはや。 「 -あれから一年たつ」 「 -これ以上食べられない」
時間や場所にある基準点を定めて、それに近づく意を表す。まもなく。 「 -そろそろ頂上だ」 「駅は-すぐそこだ」 「 -着くころだ」
[0] すでにある基準や状態に達しているのに、さらに加える意を表す。さらに。 「 -一杯飲もう」 「 -少し右へ寄って」 「 -一度やってみよう」
その時点までにある動作が終了していたり、ある状態になっていたりする意を表す。 「彼は-帰った」 「 -三時を過ぎた」
( 感 )
ある感情や感動が高まったときに用いられる語。 「 -、最高だわ」 「 -、悲しくて悲しくて」 「 -、ほんとにすごいんだ」
やや非難・叱責の気持ちをこめていう語。 「 -、何度言っても聞かないんだから」 「ひどいんだから、-」 〔歴史的仮名遣いを「まう」とする説もある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

もうの関連キーワードアームレスリング毛細管現象ワンスモア断機の戒め三遷の教え石尊参り蒲生娘子蒲生重章百日参り鞍馬参り渡辺友節打消し養毛剤柔突起居相撲腕押し文相撲毛沢東妄言衰耄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もうの関連情報