コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六日の菖蒲 ムイカノアヤメ

デジタル大辞泉の解説

六日(むいか)の菖蒲(あやめ)

《5月5日の節句の翌日の菖蒲の意から》時機に後れて役に立たない物事のたとえ。のちのあやめ。むいかのしょうぶ。「六日の菖蒲十日の菊」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むいかのあやめ【六日の菖蒲】

〔菖蒲は五月五日に使うもので、六日では遅いということから〕
時期後れで役に立たないこと。このあと、「十日の菊」と続けても言う。六日のしょうぶ。のちのあやめ。 「今更どのやうにお詫をしたとて、-、十日の菊/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

六日の菖蒲の関連キーワード諍い果ててのちぎり木当世書生気質会に逢わぬ花日本の諺後の菖蒲六菖十菊十日の菊六日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android