コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最早 モハヤ

デジタル大辞泉の解説

も‐はや【最早】

[副]
ある事態が実現しようとしているさま。早くも。まさに。「最早今年も暮れようとしている」
ある事態が変えられないところまで進んでいるさま。今となっては。もう。「最早如何ともしがたい」「最早これまで」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もはや【最早】

( 副 )
今となっては。もう。 「 -手遅れだ」 「 -これまで」
早くも。すでに。 「あれから-五年もたった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

最早の関連キーワード靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言す(石橋湛山)アブラハム(Karl Abraham)クライン(Melanie Klein)クリティカルパス分析阿漕(三重県)トウモロコシ中邑阿契愚に返る反戦運動早場米丸・円心立つ状する言白けもは魔酔成業冗雑均質罷る

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最早の関連情報