コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎宮跡 さいぐうあと

世界大百科事典 第2版の解説

さいぐうあと【斎宮跡】

三重県多気郡明和町斎宮,竹川にある国指定史跡伊勢神宮に奉仕する斎王の宮殿と,その事務をとりあつかう斎宮寮とよばれる官衙(かんが)からなっていた。昭和40年代後半の宅地造成計画にともなう発掘調査で注目され,範囲確認調査の結果,東西約2km,南北約700m,面積約140haの広大な面積を占めることがわかった。奈良時代の遺構は西部に集中し,平安時代の遺構は中央部から東部に広がる。現状では内院,中院,主神司をはじめとする十三司の所在場所は不明であるが,発掘された建物は一定方向に配列された掘立柱建物で,たびたび建て替えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

さいぐうあと【斎宮跡】


三重県多気郡明和町斎宮・竹川にある宮殿跡。伊勢湾に注ぐ櫛田(くしだ)川とその支流、祓(はらい)川右岸の平野に位置する。1955年(昭和30)ごろまでは「斎宮(さいく)村」といわれ、古くから「斎王(さいおう)の森」と呼ばれてきたが、伊勢神宮所有の一画に顕彰碑があるだけで、幕末以来の保護にもかかわらず、長い間、幻の宮だった。その後、大規模宅地造成のための調査の結果、奈良時代の掘立柱建建物や大溝をはじめ、多数の各種土器と緑釉(りょくゆう)陶器や円面硯(すずり)などが発掘されて、斎宮遺跡との関連が注目された。確認調査の結果、「斎王の森」を中心に南北約800m、東西約2kmの地域一帯が、かつての斎宮宮殿や斎宮寮の斎宮跡であることがほぼ確定された。6~7世紀の文献資料で知られるこの斎宮が、どのような建築設計と機能的役割だったのかは不明であるが、わが国の古代~中世における国家の政治や祭祀を知るうえで、歴史的にきわめて重要な遺跡であることから、1979年(昭和54)に国の史跡に指定された。近鉄山田線斎宮駅から徒歩約3分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

世界大百科事典内の斎宮跡の言及

【明和[町]】より

…神前山(かんざきやま)古墳群,天皇山古墳群など多数の古墳や遺跡がある。伊勢神宮に奉仕した斎王の宮が置かれたところで,斎宮跡(史)の東方には水池土器製作遺跡(史)があり,神宮や斎宮寮に調進する土器を製作していたと考えられる。現在も蓑村に神宮の土器調製所がある。…

※「斎宮跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎宮跡の関連情報