コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明日 アシタ

デジタル大辞泉の解説

あした【明日】

《「あした(朝)2」から転じた語》今日の次の日。あす。みょうにち。
[用法]あした・あす――「あした」は「あした天気になあれ」「あしたはあしたの風が吹く」のように、最も日常的に用いられる。◇「あす」は由来の古い語であるが、「あすは北寄りの風、晴れでしょう」などと用いるほか、「あすは我が身」「あすの世界を担うのは君たちだ」のように、近い将来の意でも用いる。◇類似の語に「明日(みょうにち)」があるが、「明日、御報告にうかがいます」「明日の御予定はいかがでしょうか」など改まった場合、あるいは文章の中で用いる。

あす【明日】

今日の次の日。あした。みょうにち。副詞的にも用いる。「明日お宅に伺います」
近い将来。未来。「明日の世界に希望をかける」「明日を担(にな)う若人」
あした[用法]

みょう‐にち〔ミヤウ‐〕【明日】

今日の次の日。あす。あした。「明日また参ります」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あす【明日】

今日の次の日。副詞的にも用いる。あした。みょうにち。 「試験は-行われる」 〔「あした」よりもあらたまった言い方〕
近い将来。未来。 「日本の-をひらく」 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

みょうにち【明日】

きょうの次の日。あす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

明日の関連キーワード来年のことを言うと鬼が笑う明日は明日の風が吹く古代ローマ人の格言明日をも知れぬ身夕焼けに鎌を研げイエス・キリストユダヤ教の聖典今日か明日か明日明後日青春の供花行き増さる明日の淵瀬トゥモロー遅くとも今日明日ドマーニ意趣返し事にする深山隠る徒し世

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明日の関連情報