置目(読み)オキメ

デジタル大辞泉の解説

おき‐め【置目】

蒔絵(まきえ)の工程の一。紙に描いた下絵の模様を漆器の面に写すこと。

㋐決まり。法規
「世の―を、もどかんより」〈仮・浮世物語・一〉
㋑仕置き。処刑。
「盗みをさせて―にあふ」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

置目 おきめ

記・紀にみえる老女
狭々城山倭帒(ささきのやまの-やまとふくろ)の妹。近江(おうみ)(滋賀県)の人。顕宗天皇雄略天皇に殺された父市辺押磐(いちべのおしはの)皇子の遺骨をさがしもとめたとき,近江蚊屋野に案内して埋葬場所をおしえた。功により宮のちかくに住居をあたえられ,天皇に厚遇されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきめ【置目】

蒔絵まきえの下絵を漆面に転写する方法。美濃紙に描いた下絵の輪郭を、裏から胡粉ごふんなどでなぞり、これを器面に押しあてて転写する。
中世・近世、領主などが作った法令や規定。 → 掟書おきてがき
仕置き。処刑。 「盗みをさせて-にあふ/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

置目の関連情報