コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春のめざめ はるのめざめFrühlings Erwachen

5件 の用語解説(春のめざめの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春のめざめ
はるのめざめ
Frühlings Erwachen

ドイツの戯曲。3幕 19場。 F.ウェデキント作。 1891年執筆。 1906年ベルリンで初演。 M.ラインハルト演出。ウェデキントの作品の共通テーマである人生の根源的な力としての性の衝動が大胆に扱われているため,上演禁止,テキスト削除,会員制による非公開上演など,多くの波紋を投げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はるのめざめ【春のめざめ】[戯曲]

《原題、〈ドイツFrühlings Erwachenウェデキントの戯曲。3幕。1891年作。1906年初演。思春期の少年少女の性についての無知から起きた悲劇を描き、保守的な社会道徳を告発した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春のめざめ【はるのめざめ】

ウェーデキントの3幕の悲劇。1891年刊,1906年初演。家庭や学校を支配する偽善的道徳の犠牲になる思春期の少年少女を描く。性を正面から取り上げた問題作で,おとなたちの戯画的扱いやかなり偶然的な幕割など,表現主義の先駆的要素がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

春のめざめ

2006年初演のミュージカル。原題《Spring Awakening》。脚本:スティーブン・セイター、作詞・作曲:ダンカンシーク。19世紀末ドイツを舞台に、思春期を迎えた少年と少女の悲劇を描いた作品。日本でも2009年に劇団四季により初演された。2007年に第61回トニー賞(ミュージカル作品賞)、2010年に第34回ローレンス・オリヴィエ賞(新作ミュージカル賞)を受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春のめざめ
はるのめざめ
Frhlingserwachen

ドイツの劇作家ウェーデキントの三幕悲劇。1891年作。1906年マックス・ラインハルトの演出による初演によって作者の名声が定まった。主題は思春期の少年たちに荒々しく迫る自然的性の目覚めであるが、大人たちの因襲にとらわれた対応のなかに小市民社会の偽善、権威主義などが暴露される。主人公の1人は自殺し、他の1人は感化院に追われ、妊娠した少女も親の勧めた堕胎術のため死亡する。ビュヒナーの流れをくむ挿話の連続による構成は、一見自然主義的な対話に支えられているが、全体を貫く情念はときにグロテスクに傾き、ときに象徴にまで高まっていて、きたるべき表現主義の先駆となった。[吉安光徳]
『野上豊一郎訳『春のめざめ』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春のめざめの関連情報