コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日とよ かすが とよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日とよ かすが-とよ

1881-1962 大正-昭和時代の小唄の演奏家,作曲家。
明治14年9月15日生まれ。もと浅草の芸妓(げいぎ)で鶴助を名のる。昭和3年小唄春日派をおこし家元となる。「心して」「鶴八鶴次郎」などおおくの曲をつくり,小唄の隆盛に貢献した。36年財団法人春日会を設立。昭和37年4月13日死去。80歳。東京出身。本名は柏原トヨ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かすがとよ【春日とよ】

1881‐1962(明治14‐昭和37)
小唄春日派の初代家元。本名,柏原とよ。横山さき(1863‐1919)に師事した。イギリス人を父として函館に生まれ,3歳のときに母に連れられて上京,16歳から鶴助の名で浅草の芸者となる。一時結婚したが破れ,1921年に料亭〈春日〉の女将となる。日本放送協会の創立時(1925)には,小唄演奏家として常時出演した。幼少のころから清元,長唄を習い,離婚後に常磐津を修めたが,これらが小唄の下地を充実させ,芸の奥行きを広げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春日とよ
かすがとよ
(1881―1962)

小唄(こうた)春日派の家元。本名柏原トヨ。東京生まれ。16歳のとき鶴助の名で浅草の芸妓(げいぎ)に出る。小唄は母親と知己に学び、村幸こと村田久吉の教導により修得した。1928年(昭和3)一派をたて、従来の江戸前の粋(すい)を貴ぶ好尚に固執せず、都会趣味を強調する近代感覚を推し進めて、新作の作曲に意欲を燃やし、小唄の隆盛発展に寄与した。1960年(昭和35)小唄界初の紫綬褒章(しじゅほうしょう)を授与され、翌年「財団法人春日会」を発足させて初代会長に就任し、春日派結束の地盤を着実に固めた。[林喜代弘]
『渥美清太郎編『春日とよ』(1954・春日とよ記念刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

春日とよの関連キーワード春日 とよ喜春日 とよ晴春日とよ喜昭和時代村幸