春日市(読み)かすが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日〔市〕
かすが

福岡県北西部,福岡平野の南部に位置する市。福岡市の南に接する。 1972年市制。古くから開けた農村地帯であったが,第2次世界大戦中に軍需工場が進出。戦後,アメリカ軍基地,陸上自衛隊第4師団などが設置された。 1950年代から福岡市の郊外住宅地として急激に発展。九州唯一の銅鐸が発見された岡本遺跡,日拝 (ひはい) 塚古墳 (いずれも史跡) ,須玖遺跡などの重要遺跡が分布する。春日に残る「春日の婿押し」は重要無形民俗文化財。 JR鹿児島本線,西日本鉄道大牟田線が通じる。面積 14.15km2。人口 11万743(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春日市の関連情報