コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑜伽師地論 ゆがしじろん Yogācārabhūmi

5件 の用語解説(瑜伽師地論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑜伽師地論
ゆがしじろん
Yogācārabhūmi

玄奘訳。 100巻。貞観 22 (648) 年訳出。チベット語訳が現存し,サンスクリット原文も逐次発見されて出版されつつある。原著者は,漢訳系統の説では弥勒が説いたとし,チベット伝では無着の著作とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆがしじろん〔ユガシヂロン〕【瑜伽師地論】

大乗論書。漢訳では弥勒(みろく)説とし、チベット訳では無著(むじゃく)著とする。4世紀ころ成立。玄奘(げんじょう)訳100巻が有名。瑜伽行の実践を詳説し、唯識中道の理に悟入すべきことを説くもの。瑜伽論。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆがしじろん【瑜伽師地論】

インド大乗仏教の論書。唯識派(ゆいしきは)の基本的な典籍。原題はサンスクリットで《ヨーガーチャーラブーミYogacārabhūmi》。略称《瑜伽論》。著者は漢訳ではマイトレーヤ(弥勒),チベット語訳ではアサンガ(無著)とする。4世紀ころの成立。サンスクリット原典(一部分のみ既刊)のほか,チベット語訳,漢訳(玄奘の全訳,ほかに部分訳)が現存。漢訳で全100巻の膨大なもので,全体は五分され,本地分(1~50巻),摂決択分(51~80巻),摂釈分(81,82巻),摂異門分(82~84巻),摂事分(85~100巻)からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆがしじろん【瑜伽師地論】

仏書。一〇〇巻。四世紀頃弥勒みろくまたは無着むじやく著。完訳は唐の玄奘訳。瑜伽行者(ヨーガの実践者)の修行や悟りの境地などを説き、唯識中道の道理を宣揚する。瑜伽論。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瑜伽師地論
ゆがしじろん

インド仏教、瑜伽行(ゆがぎょう)派(唯識(ゆいしき)学派)の主要文献の一つ。チベット訳によればサンスクリット名はヨーガーチャーラ・ブーミYogcra-bhmi(瑜伽行地論)。漢訳(全100巻)は弥勒(みろく)作、チベット訳は無著(むじゃく)作とされ、複雑な成立過程をもつとみられる。本書は、瑜伽行者の境(きょう)・行(ぎょう)・果(か)を17地に分けて説明する本地分(ほんじぶん)(漢訳1~50巻)、その要義を解明する摂決択分(しょうけっちゃくぶん)(同51~80巻)など五部に分かれ、阿頼耶識(あらやしき)、三性説(さんしょうせつ)、その他あらゆる問題を詳細に論究している。いわば大乗仏教の百科全書である。本地分中、「声聞地(しょうもんじ)」「菩薩地(ぼさつじ)」は単独に用いられたようで、ともにサンスクリット本も現存する。『菩薩地持経(じきょう)』『菩薩善戒経(ぜんかいきょう)』は同「菩薩地」の異本である。[竹村牧男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の瑜伽師地論の言及

【春日版】より

…現存のものでは,寛治2年(1088)模工僧観増の刊記のある《成唯識論(じようゆいしきろん)》10巻(残巻,正倉院蔵),元永2年(1119)模工僧延観の刊記のある《成唯識論》巻十(京都守屋家蔵)などが古いほうである。このほか春日版と称されるもののうちには,建暦2年(1212)刊《瑜伽師地論》100巻,承元3年(1209)刊《法華経普門品》3333巻,嘉禄年間(1225‐27)に刊行された《大般若波羅蜜多経》600巻など,質量ともにすぐれたものがある。なお,当時の版木の現存するものも比較的多く,興福寺北円堂に現存する《成唯識論述記》の版木は,1195年(建久6)の彫刻で,現存古刻版木のうち最も古いものの一つである。…

【玄奘】より

…622年(武徳5)に具足戒をうけ,まもなく成都から長江(揚子江)を下って荆州に出,相州,趙州をへて落着きを取り戻した国都の長安に舞い戻り,大覚寺に住んで道岳,法常,僧弁といった学僧から俱舎論や摂大乗論の教義を授けられた。しかし,多くの疑義を解決することができず,かくなる上は親しく原典につき,本場の学者から回答をうるにしかず,とりわけ仏教哲学の最高峰たる十七地論つまり瑜伽師地論を得たいものだと,インド留学を決意するにいたった。 唐の法律では国外への旅行が禁止されていたので,志を同じくする僧数名とともに願書を出したが却下された。…

【マイトレーヤ】より

…彼に帰せられる著書としては《大乗荘厳経論》《中辺分別論》《法法性分別論》《究竟一乗宝性論》《現観荘厳論》などがある。なお《瑜伽師地論》は漢訳では弥勒菩薩説となっているが,この論書の著者をめぐっては,マイトレーヤ説,アサンガ説,複数の人の手になるとみる説などあっていまだ定説はない。とにかく,弥勒菩薩信仰におけるマイトレーヤとは別の人物として彼は取り扱われるべきである。…

【無著】より

…そこでマイトレーヤ(弥勒)菩薩から大乗の空思想を学び,大乗仏教徒となった。また,他の人々にも,マイトレーヤが直接《瑜伽師地論(ゆがしじろん)》(《十七地経》)を説くように要請し,アサンガがその解説をすることにした。これが唯識思想流布の端緒とされる。…

※「瑜伽師地論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瑜伽師地論の関連キーワード摂大乗論成唯識論無着唯識派極果唯識会唯識講唯識宗瑜伽派無著

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone