是川遺跡(読み)これかわいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)「是川遺跡」の解説

是川遺跡
これかわいせき

青森県八戸(はちのへ)市是川に所在する縄文時代遺跡群。この遺跡名は、前・中期の遺物を主体とする一王寺(いちおうじ)遺跡、中期後半より後期に至る堀田(ほった)遺跡、晩期の中居(なかい)遺跡に対する総称であるが、通常は中居遺跡をさす場合も多い。遺跡は岩手県北部より北流する新井田(にいだ)川の左岸丘陵緩斜面および河岸段丘上に位置する。中居遺跡は素封家泉山家の別邸にあり、大正中期から昭和初期にかけて発掘され、なかでも1928年(昭和3)大山史前学研究所の調査が有名である。出土遺物は通称亀ヶ岡(かめがおか)式といわれる各種の土器のほか、丹漆(にうるし)塗りの、飾り太刀(たち)、(くし)、籃胎漆器(らんたいしっき)に加え、(へら)状木製品、高坏(たかつき)、編物などの植物性製品や、各種の種子、木の実が泥炭層から発見され、縄文晩期における文化内容の高さを示している。また一王寺遺跡は、26年(大正15)東北大学、29年(昭和4)大山史前学研究所の調査によって、縄文前・中期の円筒土器が多数出土し、それをもとに円筒土器の型式と編年が確立されたモデル遺跡でもある。堀田遺跡は、72年(昭和47)の調査で中期末の竪穴(たてあな)住居跡や集石遺構が発見されている。これらの3遺跡は、57年「是川石器時代遺跡」として国史跡の指定を受けている。遺跡地に八戸市立歴史民俗資料館がある。

[村越 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「是川遺跡」の解説

是川遺跡【これかわいせき】

青森県八戸(はちのへ)市是川にある縄文(じょうもん)晩期の泥炭層遺跡。新井田川渓谷の狭い沖積地に接した屋根状の傾斜地にある。土器,石鏃(せきぞく)などとともに籃胎(らんたい)漆器,朱漆塗木太刀,篦(へら)状木器など多数の木工品が出土して注目された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「是川遺跡」の解説

これかわ‐いせき これかはヰセキ【是川遺跡】

青森県八戸市是川にある縄文時代の遺跡の総称で、特に晩期の中居遺跡をさす。大正九年(一九二〇)以後、数回にわたって発掘。泥炭層から土器、石器、骨角器とともに朱漆塗弓、木製容器、櫛(くし)、腕輪など大量の植物性遺物を出土。国史跡。是川石器時代遺跡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「是川遺跡」の解説

これかわ‐いせき〔これかはヰセキ〕【是川遺跡】

青森県八戸市にある縄文時代前期から弥生時代にかけての遺跡。一王寺いちおうじ中居なかい堀田ほったの3遺跡からなり、精巧な土器・土偶、木製品や漆製品が多数発見されている。令和3年(2021)「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つとして世界遺産文化遺産)に登録された。是川石器時代遺跡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「是川遺跡」の解説

これかわいせき【是川遺跡】

青森県八戸市是川字中居の,新井田川によるせまい沖積地に面した低い舌状台地と,その南北両側の低地にひろがる縄文時代晩期の遺跡。1920年から30年にかけて泉山岩次郎・斐次郎兄弟が行った発掘によって著名になった。台地上からは炉跡,墓(人骨)が発見され,周辺には遺物包含層が発達している。とくに南側の低地にはクルミ,ナラ,トチなどの実を多量にふくむ厚い泥炭層が発達し,この中から多数の完形土器とともに,木製の・高坏・腕輪・耳飾・櫛・弓・飾大刀・篦状品,樹皮製品,蔓製品,籃胎漆器などが豊富に出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイド「是川遺跡」の解説

これかわいせき【是川遺跡】


⇒是川石器時代遺跡(これかわせっきじだいいせき)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の是川遺跡の言及

【八戸[市]】より

…1989年には八戸自動車道が開通した。是川遺跡(史)をはじめ縄文時代の遺跡や遺物が多く発見されている。鎌倉時代に源頼朝が奥州藤原氏を討ったとき,甲斐国南部荘の逸見三郎光行がその功により,糠部(ぬかのぶ)郡を与えられたと伝える。…

【籃胎漆器】より

…日本でも縄文時代から遺品があり,山王囲遺跡(宮城県)出土の断片の一つは復原すると径30cm以上の鉢になる。是川遺跡(青森県)からはほぼ完形の深鉢が出土するが,漆地粉で目留めし,弁柄(べんがら)漆を塗る技法は編み方も含めて現代の技法と変りない。縄文晩期の櫛(くし)も多くは籃胎で,合理的で特殊な製法を見せる。…

※「是川遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android