コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀ヶ岡遺跡 かめがおかいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀ヶ岡遺跡
かめがおかいせき

青森県つがる市亀ヶ岡にある遺跡。屏風山の中央から東に突き出た高さ 20mの丘陵を中心に所在する。国指定史跡 (1944) 。江戸時代初期,津軽氏の築城事業の際に発見され,縄文晩期の土器,石器が出土し,精巧で優美な土器は亀ヶ岡式土器として有名。日本の考古学史上貴重な存在で,出土品のなかには新石器時代の最高水準を示す優れたものもある。 1981年籾が発見されて新たな話題を集めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かめがおか‐いせき〔かめがをかヰセキ〕【亀ヶ岡遺跡】

青森県つがる市にある縄文時代晩期の遺跡。精巧な土器や、土偶・漆器など豊富な遺物を出土。地名は、瓶(かめ)がたくさん掘り出されたことに由来。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

亀ヶ岡遺跡【かめがおかいせき】

青森県西津軽郡木造(きづくり)町(現・つがる市)にある縄文(じょうもん)時代晩期の泥炭層遺跡。出土土器は多種にわたり,亀ヶ岡式土器の名は東北地方の晩期縄文土器の総称として使われている。
→関連項目木造[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かめがおかいせき【亀ヶ岡遺跡】

青森県西津軽郡木造町亀ヶ岡,屛風山から東につきでた標高20mの丘陵を中心としてその両側の標高5~7mの低湿地におよぶ縄文時代晩期の大遺跡。この遺跡から〈奇代之焼物〉が出土することは江戸時代初期から知られており,〈瓶ヶ岡(かめがおか)〉と呼ばれるようになったという。佐藤伝蔵は低湿地から多量の遺物が出土することに注目して1895,96年に発掘を行い,日本にも泥炭化した遺物包含層があることをはじめて明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かめがおかいせき【亀ヶ岡遺跡】

青森県つがる市館岡字亀ヶ岡にある縄文晩期の集落跡。亀ヶ岡式土器と総称される精巧な土器や籃胎漆器らんたいしつき・櫛くし・木器・骨角器などが泥炭層から出土している。指定史跡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

かめがおかいせき【亀ヶ岡遺跡】


亀ヶ岡石器時代遺跡(かめがおかせっきじだいいせき)

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀ヶ岡遺跡
かめがおかいせき

青森県つがる市木造館岡(きづくりたておか)に所在し、縄文時代晩期の泥炭層遺跡として著名である。泥炭層は沢根と近江沢(おみのさわ)の低湿地に形成され、天然の冷蔵庫とよぶにふさわしく通常の遺跡では遺存しない植物性遺物、漆器、植物の種子、花粉をよく保存しているので、近年環境考古学の立場から注目されている。亀ヶ岡の地名は、瓶(かめ)が多く出る土地という意味で名づけられたと江戸時代の記録にある。菅江真澄(すがえますみ)の紀行文に記されたように江戸時代には亀ヶ岡の古器物として文人たちの間に愛好されたこともある。明治時代に東京大学が発掘調査を行って以来、1950年(昭和25)に慶応義塾大学、73年に青森県教育委員会、81~83年に青森県立郷土館が発掘調査を実施。1944年(昭和19)には国の史跡に指定された。この遺跡から出土した土器を標式に、東北地方の縄文晩期の土器を総称して亀ヶ岡式土器という。出土遺物には優品が多く、国の重要文化財に指定された遮光器土偶のほか、青森県の「県重宝」に指定された遺物が69点ある。亀ヶ岡式土器は、製作と文様に優れた美しさをもち、壺(つぼ)形、皿形、注口(ちゅうこう)形、香炉(こうろ)形などの多様な器種組成を有する点に特徴がある。土偶、岩偶(がんぐう)、土版(どばん)、岩版、玉類(たまるい)、骨角器、漆器、石器、ガラス玉などの豊富な遺物を出土し、また近年では土壙墓(どこうぼ)群が発見されたり、イネやソバの花粉が検出されたり、亀ヶ岡遺跡の人々の間に高度な技術をもつ文化や社会が形成されていたことが考えられている。[鈴木克彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例