コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲直瀬道三(初代) まなせ どうさん

2件 の用語解説(曲直瀬道三(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曲直瀬道三(初代) まなせ-どうさん

曲直瀬正盛(まなせ-しょうせい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曲直瀬道三(初代)

没年:文禄3.1.4(1594.2.23)
生年:永正4.9.18(1507.10.23)
戦国,安土桃山時代の医者。名は正盛,正慶,字は一渓,号は雖知苦斎,蓋静翁,寧固,道三は通称,院号は翠竹院,啓迪院,亨徳院(致仕後)。京都柳原(南区柳原町)に生まれ,本姓は堀部(または勝部)。幼くして父母を失い,仏門生活を送る。享禄1(1528)年関東に下向し下野国(栃木県)足利学校で諸学を修め,明から帰国した田代三喜の名声を聞いて,同4年から前後7年間にわたって三喜のもとで李朱医学(金元時代に理論化された医学)を学んだ。足利遊学中に曲直瀬に改姓,結婚して一女をもうけたが先妻は足利で没し,京都に帰って再婚,男子・守真を得たが早死にさせている。京都では学舎啓迪院を創設し曲直瀬玄朔,施薬院全宗,秦宗巴ら多くの医生を養成,その名は全国に知れわたった。室町幕府13代将軍足利義輝に重用され,細川晴元,三好長慶,松永久秀らの戦国武将にも厚遇され,これらの武将とは茶道・香道を通じての交遊も深かった。また応仁の乱後途絶えていた朝廷年中行事の屠蘇祝儀を勅命で復興して屠蘇調進を行い,以後これは曲直瀬(のち今大路)家の恒例となった。 著作はすこぶる多く,足利遊学時代には医生の父母の懇望で月湖選『類証弁異全九集』を和訳,自己の意見を加えて和文体の『全九集』を著した。永禄9(1566)年出雲島根に陣した毛利元就の病の治療に下向したとき,『日用薬性能毒』を陣営でまとめ,同じく陣中で門人のために医治の大要をまとめて『雲陣夜話』を著した。また「察証弁治」(病を診察し証を弁別し治療する)の思想をわが国医界に導入した『察証弁治啓迪集』は天正2(1574)年正親町天皇に献上され,嘉称あって天竜寺学僧の 策彦周良 に題辞を選せしめ,本書を広く天下に頒けるよう勅令があった。晩年にキリスト教に入信したとする記事がルイス・フロイスの『日本史』にみられ,洗礼名はベルショールとするが,これを傍証する日本側史料は知られていない。京都で没し寺町・十念寺に葬られ,慶長13(1608)年正二位法印を追贈された。甥の玄朔が2代道三を名乗り,正純,正淋 らが分家を継ぎ,道三流の医学は幕末に至るまで栄えた。<参考文献>矢数道明『近世漢方医学史』,宗田一『図説・日本医療文化史』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曲直瀬道三(初代)の関連キーワード五辻富仲道恵文閑鷲尾隆尚山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代安土桃山文化織豊時代伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone