更改(読み)こうかい(英語表記)Schuldersetzung; novation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

更改
こうかい
Schuldersetzung; novation

債務を成立させることによって旧債務を消滅させる契約をいう (民法 513) 。これには,債権者変更によるもの,債務者の変によるもの,債務の目的を変更するものとの3つの種類がある。もっとも,前2者は現行法上債権譲渡が認められており,また債務引受も有効であると解されているので,あまり意味のない契約となっている。また,債務の目的を変更するものについても,軽々に旧債務の消滅を認めるべきではなく,原則としてはむしろ債務は同一性をもって変更されたものとみるべきだとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐かい〔カウ‐〕【更改】

[名](スル)
古いきまりやしきたりなどを新しいものに変えること。「新制度に更改する」
既存の債務を消滅させ、これに代わる新しい債務を成立させる契約。「契約を更改する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

更改【こうかい】

契約によって,既存の債務を消滅させると同時にこれに代わる新しい債権を成立させること(民法513条以下)。甲の乙に対する債権を丙の乙に対する債権に切り替えるもの,甲の乙に対する債権を甲の丙に対する債権に切り替えるもの,債権の目的を切り替えるものの3種がある。→債権譲渡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうかい【更改】

既存の債務の要素を変更して新たな債務を発生させ,同時に既存の債務(旧債務)を消滅させる契約(民法513~518条)。民法では旧債務が消滅する点に着目して,弁済や免除等とともに債務の消滅原因の一つとして規定しているが,内容的には債務の切替契約である。債務の要素の変更には,(1)債権者の変更(AのBに対する債権をCのBに対する債権に変更する),(2)債務者の変更(AのBに対する債権をAのCに対する債権に変更する),(3)債権の目的の変更(AのBに対する貸金債権をAのBに対する物の引渡請求権に変更する)という三つの態様がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうかい【更改】

( 名 ) スル
過去の決定や契約などを新たなものに変えること。 「予算を-する」
〘法〙 既存債務を消滅させ、代わりに新債務を成立させる契約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

更改
こうかい

新債務を成立せしめることによって旧債務を消滅させる契約(民法513条)。一個の契約によって、新債務の成立と旧債務の消滅という2個の法律効果が生ずるものであり、両効果の間には因果関係がある。すなわち、旧債務の消滅がないときには新債務は成立せず、また、新債務が成立しないときには旧債務は消滅しない(同法517条)。更は、新しい債務が成立し、いわば債務の切替えが行われるだけであるから、現実に給付が行われて債務が消滅する代物弁済とは異なる。今日、更改の社会的意義はそれほど大きくはない。更改には、債権者の交替による更改、債務者の交替による更改、目的の変更による更改の3種類がある。更改の成立要件は、消滅せしめられるべき旧債務が有効に存在すること、新債務が成立すること、旧債務と新債務とがその要素を異にすること、である。また、更改の効果は、旧債務が消滅し、これと同一性のない新債務が成立することである。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐かい カウ‥【更改】

〘名〙
しきたりや制度などをかえて新しくすること。更革。改更。
※美術真説(1882)〈フェノロサ〉「欧人の既に全く廃棄し若くは更改せんと欲する敝悪の旧套」 〔宋書‐歴志・上〕
② 契約によってすでにある債務を消滅させ、代わりに新債務を成立させること。また、その契約。
※民法(明治二九年)(1896)五一三条「当事者か債務の要素を変更する契約を為したるときは其債務は更改に因りて消滅す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

更改の関連情報