(読み)さら

精選版 日本国語大辞典「更」の解説

さら【更】

[1] 〘形動〙
① (多く「言えば」「言うも」に付けて用いる) いまさらめいたさま。わざとらしいさま。
蜻蛉(974頃)上「身の秋をおもひみだるる花の上に内のこころはいへばさらなり」
※増鏡(1368‐76頃)三「殿・上思し惑ふさま、悲しともいへばさらなり」
② (「言えばさら」「言うもさら」の) いうまでもないさま。当然であるさま。
※蜻蛉(974頃)下「風ふきて、ひさしううつりゆくほどに、とりすぎぬ。『さらなれば』とてかへる」
※栄花(1028‐92頃)かがやく藤壺姫君の御有様さらなる事なれど」
[2] 〘副〙 全く。まるで。いっこう。
※虎明本狂言・脇狂言之類序(室町末‐近世初)「このかき物さらたにんのみるべきものにあらず」
[補注](1)平安時代においては、類似の「いふもおろかなり」が「いふも」「いへば」を伴うのが普通であるのに対し、「さらなり」ではこれを脱落させた用法の方が圧倒的に多い。
(2)(二)の用法は近世頃から生じたものであるが、陳述副詞化した「さらに」の「に」が落ちたものである。

こう カウ【更】

〘名〙
① (夜警の者が更代(こうたい)するから) 日暮れから夜明けまでを五等分したもので、順に初更・二更・三更・四更・五更とする。季節によって、日暮、夜明けの時刻は異なるので、更の長さも異なる。五更。
※玉塵抄(1563)一〇「更は時刻を云たぞ。初夜を一更にして、よあくる時分は第五番の更ぞ」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「火を警め更を報ずる柝木榾々更を打す」 〔杜荀鶴‐宿欒城駅却寄常山張書記詩〕
② あらためること。また、入れかえること。
※神皇正統記(1339‐43)上「代は更の義也」 〔礼記‐儒行〕
[補注](①について) 春分夏至秋分冬至における初更・二更・三更・四更・五更の時刻については、各々の項目を参照のこと。

さら‐なる【更】

連体〙 重ねての。ますますの。「更なる発展を祈る」→さら(更)さらに(更━)

さら‐・なり【更】

〘形動〙 ⇒さら(更)

ふ・く【更】

〘自カ下二〙 ⇒ふける(更)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「更」の解説

こう【更】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]さら ふける ふかす かえる かわる
〈コウ〉
新しいものと入れかわる。入れかえる。「更改更新更迭変更
夜を五つに分けた時刻。「三更初更
ふける。「深更
(「」の代用字)よみがえる。「更生
〈さら〉「更地今更
[名のり]とお・とく・のぶ
[難読]更衣ころもがえ更紗サラサ

さら【更】

[形動ナリ]
(多く「言へばさらなり」「言ふもさらなり」の形で用いて)いまさらめいているさま。わざとらしいさま。
「内の心は言へば―なり」〈かげろふ・上〉
《「言へばさら」「言ふもさら」の略》いうまでもないさま。もちろんだ。
「夏は夜、月の頃は―なり」〈・一〉

ふけ【更/深】

深くなること。夜・季節・年月などがふけること。「夜―」
「はかなくもわが世の―を知らずしていざよふ月を待ちわたるかな」〈千載・雑上〉
(深)「深田ふけた」の略。〈和英語林集成〉→ふかだ(深田)

こう〔カウ〕【更】

《夜警の者が更代こうたいする意から》一夜を五等分した時間の単位。初更から五更まである。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【時刻】より

… また民間では不定時法が使用され,夜明けの明,日暮れの昏の2刻半を除いて昼は朝,禺,中,晡,夕に分け,夜は甲,乙,丙,丁,戊に分けて使用していた。夜のこの時法は〈更〉という表現が用いられ,それぞれ初更,2更,3更,4更,5更ともいわれた。 インドの時法で仏典に見えるものは,最短時間を刹那,120刹那を呾刹那,60呾刹那を1臘縛,30臘縛を1牟呼栗多,5牟呼栗多を1時,6時を1日としているが,どこまで実用されたものかわからない。…

※「更」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android