コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウ

デジタル大辞泉の解説

こう〔カウ〕【更】

夜警の者が更代(こうたい)する意から》一夜を五等分した時間の単位。初更から五更まである。

こう【更】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]さら ふける ふかす かえる かわる
〈コウ〉
新しいものと入れかわる。入れかえる。「更改更新更迭変更
夜を五つに分けた時刻。「三更初更
ふける。「深更
(「甦(そ)」の代用字)よみがえる。「更生
〈さら〉「更地今更
[名のり]とお・とく・のぶ
[難読]更衣(ころもがえ)更紗(サラサ)

さら【更】

[形動ナリ]
(多く「言へばさらなり」「言ふもさらなり」の形で用いて)いまさらめいているさま。わざとらしいさま。
「内の心は言へば―なり」〈かげろふ・上〉
《「言へばさら」「言ふもさら」の略》いうまでもないさま。もちろんだ。
「夏は夜、月の頃は―なり」〈・一〉

ふけ【更/深】

深くなること。夜・季節・年月などがふけること。「夜―」
「はかなくもわが世の―を知らずしていざよふ月を待ちわたるかな」〈千載・雑上〉
(深)「深田(ふけた)」の略。〈和英語林集成〉→ふかだ(深田)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こう【更】

一夜を5等分した、時間の単位。初更・二更・三更・四更・五更とする。季節によって長さが異なる。中国・朝鮮の古い制度の伝わったもの。
[句項目]

さら【更】

( 形動ナリ )
(多く「言えば」「言うも」の下に付けて)わかりきっていて、いまさらであるさま。…するまでもない。 「身の秋を思ひ乱るる花の上に内の心はいへば-なり/蜻蛉
(「言えば」「言うも」を省略した言い方で)言うまでもないさま。 「夏は夜、月の頃は-なり/枕草子 1
( 副 )
全く。全然。決して。 「上手と下手とは性かはるべしや、-其の儀にあらず/わらんべ草」 → 更に

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【時刻】より

… また民間では不定時法が使用され,夜明けの明,日暮れの昏の2刻半を除いて昼は朝,禺,中,晡,夕に分け,夜は甲,乙,丙,丁,戊に分けて使用していた。夜のこの時法は〈更〉という表現が用いられ,それぞれ初更,2更,3更,4更,5更ともいわれた。 インドの時法で仏典に見えるものは,最短時間を刹那,120刹那を呾刹那,60呾刹那を1臘縛,30臘縛を1牟呼栗多,5牟呼栗多を1時,6時を1日としているが,どこまで実用されたものかわからない。…

※「更」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

更の関連キーワードRINAKATAMOTODJU☆HEY?FUJIYAMAざら紙(更紙)言えば更なり長谷川まいかDJNANA言うもおろかNOZOMI言うも更なり更く・深く4REALSAKI寺田美加二十日月高桑闌更rose九内健太木村なお谷川護物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

更の関連情報