債務引受け(読み)さいむひきうけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「債務引受け」の解説

債務引受け
さいむひきうけ

債務を、その同一性を保持したまま引受人に移転する契約。重畳的(併存的)債務引受けと免責的債務引受けとがある。前は、引受人が原債務者とともに同一の債務を負担するものであり、したがって一種の担保的機能を営む。債権者・債務者・引受人の三面契約、債権者と引受人との契約などによって成立する。後者は、引受人が債務を負うかわりに原債務者が債務を免れるものである。債権者・債務者・引受人の三面契約によって成立するほか、債務者と引受人との契約でも成立しうるが、債権者の承諾が必要であり、承諾があったときにさかのぼって効力を生じる。債務者の交替による更改(こうかい)に酷似するが、債務の同一性が失われない点でそれとは異なる。

淡路剛久

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「債務引受け」の解説

債務引受け
さいむひきうけ
Schuldübernahme

BのAに対する債務を,同一性を維持したまま,Cに移転すること。これによってBは債務を免れ,新たにCがAに対して同一の債務を負う。民法は,債務引受けについて規定を設けていないが,判例学説により認められている。A=B=C間の3面契約でなしうるほか,Bの意思に反しなければA=C間の契約でもできるし,Aの承諾を効力発生要件として,B=C間の契約によってもすることができる。CはBの有した一切の抗弁権を承継するが,保証債務やB以外の者が設定した担保物権などは引受け債務へ移転しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「債務引受け」の解説

さいむひきうけ【債務引受け】

第三者(債務引受人)が債務者に代わって,同一の債務を負担すること。民法にはこれに関する規定はないが,判例・学説ともに認めている。甲に対するの100万円の債務をが引き受けた場合には,乙は債務を免れ,丙が甲に対して100万円の債務を負担することとなる。この意味で,この(狭義の)債務引受けは,免責的債務引受けまたは免脱的債務引受けとも呼ばれる。ところで,債務が履行されるかどうかは,債務者の人がらや財産状態によって左右されるから,債権者にとっては,債務者がだれであるかが,最大の関心事である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android