コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池容斎 きくち ようさい

8件 の用語解説(菊池容斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

菊池容斎

幕末・明治の日本画家。江戸生。名は武保、通称は量平。はじめ高田円乗に狩野派を学び、さらに土佐派をはじめ和・漢・洋の画法を修め、有職故実を研究、歴史画を得意とし、近代の歴史画の隆盛の先鞭をなした。明治11年(1878)歿、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きくち‐ようさい【菊池容斎】

[1788~1878]江戸末期・明治初期の日本画家。江戸の人。本名、武保。通称、量平。狩野派土佐派などの画法を学び、有職故実に詳しく、歴史画にすぐれ、忠臣孝子たちの肖像画集「前賢故実」を木版本とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池容斎 きくち-ようさい

1788-1878 江戸後期-明治時代の日本画家。
天明8年11月1日生まれ。狩野(かのう)派をはじめ和・漢・洋の画法や有職故実をまなぶ。全国の古社寺,旧家をたずねて名書画,宝物などを研究し,天保(てんぽう)7年成果を「前賢故実」に集大成し,歴史画に新生面をひらいた。明治11年6月16日死去。91歳。江戸出身。本姓は河原。名は武保。通称は量平。作品に「堀河夜討図額」「阿房宮図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池容斎

没年:明治11.6.16(1878)
生年:天明8.11.1(1788.11.28)
幕末・明治初期の日本画家。江戸下谷生まれ。本名河原武保,通称量平。家督を相続し幕府の御徒を勤める一方,高田円乗に入門し,流派にこだわらない教育を受ける。文政8(1825)年家督を譲り,以後画業に専念。諸派を学び,西洋絵画も研究して「堀河夜討図」(浅草寺蔵),「阿房宮図」(静嘉堂文庫美術館蔵),「西洋美人図」などを制作する。また有職故実を研究し,明治1(1868)年『前賢故実』全10巻を上梓,さらにこれを明治天皇に献上し,8年には「日本画士」の称号を受けた。明治日本画の歴史画に大きな影響を与え,弟子を通してのちの再興日本美術院を背負う俊秀を輩出した。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きくちようさい【菊池容斎】

1788‐1878(天明8‐明治11)
江戸末期から明治初期の画家。江戸の人。名は武保,通称量平。与力を代々務める家に生まれたが,絵を好み,狩野派の高田円乗に師事。1825年(文政8)西丸御徒(おかち)の役を退いて絵画制作に専念した。幕末の復古思想に影響され,明君忠賢烈士500余人の画像を描き集めた《前賢故実》(1836)を著すなど,歴史故実を学んで歴史的主題を表現する分野を開拓し,小堀鞆音(ともと),松本楓湖らの近代歴史画の先駆となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きくちようさい【菊池容斎】

1788~1878) 幕末・明治初期の日本画家。江戸の人。名は武保。有職故実を学ぶ。古来の忠臣・義士五百人余の肖像と小伝を収める「前賢故実」で歴史画に新生面をひらいた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊池容斎
きくちようさい

[生]天明8(1788).11.1. 江戸
[没]1878.6.16. 東京
江戸時代末期~明治初期の画家。名は武保,通称は量平。初め狩野派,のち有職故実ややまと絵を研究して歴史画に新画風を築いた。 50人余の忠臣,義士,烈婦などの像を描いた『前賢故実』 10巻はよく知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池容斎
きくちようさい
(1788―1878)

江戸末期~明治初期の画家。名は武保、俗称は量平。江戸の人。18歳のとき高田円乗の門に入って狩野(かのう)派を学び、のち土佐派を習い、さらに狩野探幽(たんゆう)、円山(まるやま)応挙の画風を慕う。後年は洋風の画法をも摂取、和漢洋の画風を広く修める。勤王精神も旺盛(おうせい)で、有職故実(ゆうそくこじつ)を研究して歴史画に新生面を開いた。全国を旅して古刹(こさつ)、旧家を歴訪し、建築、調度、武器、武具などを写し、『東大寺宝什図(ほうじゅうず)』『武器図説』などを著した。絵画の遺品に『堀河夜討図絵馬』(東京・浅草寺)、『阿房宮図』などの歴史画のほか、明君・義士・忠臣・烈婦500人の肖像画とその小伝『前賢故実(ぜんけんこじつ)』を木版本としている。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の菊池容斎の言及

【復古大和絵派】より

…為恭が平安時代の障子絵を想像復元(大樹寺襖絵)するなど,古典に対する知的興味の先行も指摘できるが,《古今著聞集》などに取材した新しい主題をつくった積極面が評価される。明治期の菊池容斎(ようさい),小堀鞆音(ともと)(1864‐1931),吉川霊華(きつかわれいか)(1875‐1929),松岡映丘(えいきゆう)(1881‐1938)らの歴史画の先駆となった。やまと絵【鈴木 広之】。…

※「菊池容斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊池容斎の関連キーワード梶田半古住吉広賢中野其玉羽田月洲古屋重壽森関山石井鼎湖柴廼戸下蔭千種掃雲三宅英斎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone