コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有価証券取引税 ゆうかしょうけんとりひきぜい

4件 の用語解説(有価証券取引税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有価証券取引税
ゆうかしょうけんとりひきぜい

国債証券,地方債証券,社債券,株券など有価証券の譲渡が行われた場合に,その譲渡者に対して課税する流通税の一種 (国税) 。 1953年の税制改正で有価証券譲渡所得税に代って有価証券取引税法 (昭和 28年法律 102号) によって創設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

有価証券取引税【ゆうかしょうけんとりひきぜい】

有価証券取引税法(1953年)に基づき,株や債券など有価証券の譲渡に対して課された国税。有価証券の譲渡益に対する所得税の課税廃止に伴い創設。納税義務者は譲渡人で,税率は譲渡価額の万分の21(公社債貸付信託受益証券等の場合は万分の3)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうかしょうけんとりひきぜい【有価証券取引税】

有価証券が譲渡された場合に(贈与による譲渡を除く),譲渡者に対して有価証券取引税法に基づき課される国税。国債,地方債,社債,株券等の取引の背後にある担税力に着目して課される流通税で,1953年の税制改正で有価証券譲渡所得税に代わって創設された。課税標準は,売買の場合には売買価額,相殺等その他の場合は譲渡時の価額である。税率は,証券会社を通じた売買による譲渡の場合(第1種)と,証券会社を通さない,いわゆる相対(あいたい)などのその他の場合(第2種)に区分されており,国債にあっては第1種が1万分の1,第2種が1万分の3,株券にあっては第1種が1万分の12,第2種が1万分の30(ただし1996年4月1日から98年3月31日までに行われた譲渡については,1万分の21)とされている(1997年現在)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有価証券取引税
ゆうかしょうけんとりひきぜい

有価証券の取引が行われたときに、譲渡をした者を納税義務者とし、譲渡価額を課税標準として有価証券取引税法により課された国税で、流通税の一種である。有価証券の流通に対する課税は、1937年(昭和12)に税制改革の一環として有価証券移転税が設けられたのに始まる。この税は、第二次世界大戦後の1950年(昭和25)にシャウプ勧告に基づいて廃止され、有価証券の流通から生ずる所得は譲渡所得として所得税課税の対象とされるようになった。しかし、有価証券の譲渡所得は把握が不完全で、適正な執行が困難であったため、1953年の税制改正において、有価証券の譲渡所得に対する所得税を廃止するとともに、流通税として有価証券取引税が設けられた。課税物件とされる有価証券というのは、国債証券、地方債証券、社債券、株券などである。その後、日本版金融ビッグバンの論議のなかで、取引コスト高の一因として撤廃の要望が強まり、99年4月に廃止された。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone