服忌令(読み)ぶっきりょう

世界大百科事典 第2版「服忌令」の解説

ぶっきりょう【服忌令】

近親の死に際してに服すべき期間を定めた法。ほかに触穢(しよくえ)に関する規定も付されていることが多い。服忌と称するものは,中世伊勢神宮その他の神社で作成されたのが初めであるが,それらは基本的には喪葬令服紀条と仮寧(けによう)令を組み合わせ,喪に服するものが与えられる休暇たる仮(か)を,死穢を忌む期間としてのに変えたものであった。江戸幕府では,これらをもとにして5代将軍徳川綱吉の1684年(貞享1)儒者林鳳岡ほうこう),木下順庵,神道家吉川惟足(これたり)らの参画の下に,服忌令を制定公布,その後数次の改正の後,1736年(元文1)最終的に確定した(表参照)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「服忌令」の解説

ぶっき‐りょう ブクキリャウ【服忌令】

〘名〙 徳川幕府の法令。貞享元年(一六八四)二月三〇日制定。父母以下親族の死亡の際の忌・服の期間を定めたもの。忌の期間中は門を閉じて出仕せず、魚肉を食べず、髭髪をそらず、神社への参詣をやめるなどした。〔徳川実紀‐貞享元年(1684)二月三〇日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android