コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木刻 もっこくmù kè

世界大百科事典 第2版の解説

もっこく【木刻 mù kè】

中国において,板状の木に刀でえがいた形に角ばった切れ目を入れることを木刻といい,これを利用して版画にしたものを木刻画という。木刻画の歴史は非常に古く,現在わかりうる範囲では,イギリスの探検家M.A.スタインによって敦煌莫高窟から発見された唐代の咸通9年(868)に印刷された《金剛般若波羅蜜経》の扉絵にある説法図とされている。唐代は中国における国際性とともに仏教と道教の全盛時代で,この二大宗教が造形芸術のうえに開花した時代でもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

木刻の関連キーワードトールン族(独竜族)道教/道教の神々ビルマ美術淳化閣帖北欧美術汪刃鋒木版画堺版彫刻魯迅銅像古元力群李樺野夫版本

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android