コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村重成 きむらしげなり

8件 の用語解説(木村重成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村重成
きむらしげなり

[生]?
[没]元和1(1615).5.6. 河内,若江
安土桃山~江戸時代初期の武将。長門守。出自は不詳。父は常陸介ともいわれる。幼少から秀頼に仕えて,慶長 19 (1614) 年大坂冬の陣には玉造口を守備し奮戦した。しかし元和1 (15) 年の夏の陣において,長宗我部盛親らと出撃して河内国八尾,若江で井伊直孝藤堂高虎と戦って戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きむら‐しげなり【木村重成】

[?~1615]近世初期の武将。長門守(ながとのかみ)。豊臣秀頼に仕え、大坂冬の陣で奮戦。和議の使者として、見事な進退を見せたという。大坂夏の陣で戦死。
塚原渋柿園歴史小説。明治40年(1907)刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木村重成【きむらしげなり】

安土桃山時代の武将。長門守と称す。出身不詳。豊臣秀頼に仕え,大坂冬の陣に奮戦。講和の際は正使として徳川秀忠より誓紙を受領。夏の陣で井伊直孝と戦って敗死。出陣に際し死を覚悟して名香(みょうごう)を兜(かぶと)にたきこんだ話は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村重成 きむら-しげなり

?-1615 江戸時代前期の武士。
木村常陸介(ひたちのすけ)の子とも,紀伊(きい)の地侍の子ともいわれ,通称は長門守(ながとのかみ)。豊臣秀頼につかえる。初陣は慶長19年大坂冬の陣。和議の正使となり,徳川秀忠(ひでただ)の誓紙をうけとる。夏の陣では井伊直孝(なおたか)軍とたたかい,慶長20年5月6日討ち死にした。21歳とも24歳ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木村重成

没年:元和1.5.6(1615.6.2)
生年:生年不詳
江戸初期の武将。木村常陸介の子と伝えられる。豊臣秀頼に仕え,長門守を称す。慶長19(1614)年,大坂冬の陣で籠城。12月21日,講和の使者として徳川秀忠の本陣岡山に赴き,秀忠の誓紙を受けとる。翌元和1(1615)年の夏の陣でも籠城。5月6日,重成勢は早朝から若江に出陣,藤堂高虎,井伊直孝勢と昼まで数回攻防,疲れたところを直孝の新手に突かれ敗走した。重成自身は踏みとどまって奮戦したが,安藤長三郎某に首を取られた。弱冠23歳の美貌の若武者だったと伝えられる。<参考文献>岡本良一『大坂冬の陣・夏の陣』

(山本博文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きむらしげなり【木村重成】

?‐1615(元和1)
安土桃山時代の武将。木村常陸介の子とも,紀伊の地侍出身ともいわれる。幼少より豊臣秀頼に仕え,長門守と称した。大野治長らとともに,対徳川強硬派の一人であったといわれる。大坂冬の陣では,佐竹義宣上杉景勝の兵を今福,鴫野に破って奮戦したが,夏の陣で井伊直孝と若江に戦って戦死した。首級が家康のもとに届けられたとき,頭髪に香がたきこまれていた。【高木 傭太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きむらしげなり【木村重成】

?~1615) 安土桃山時代の武将。長門守。豊臣秀頼に仕え、大坂冬の陣で奮戦。講和に際し、大坂方の正使となる。夏の陣で戦死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村重成
きむらしげなり
(?―1615)

安土(あづち)桃山時代の武将。近江(おうみ)(滋賀県)の名家佐々木氏の末で常陸介重茲(ひたちのすけしげこれ)の子というが確かでない。母の右京大夫局(うきょうたいふのつぼね)が豊臣秀頼(とよとみひでより)の乳母(うば)であったので、重成も幼時から秀頼に仕えた。大坂冬の陣では、初陣ながら後藤基次(もとつぐ)とともに、上杉景勝(かげかつ)、佐竹義宣(よしのぶ)と鴫野(しぎの)、今福(いまふく)に戦って武名をあげ、和議にあたっては、誓紙交換の正使として岡山の徳川秀忠(ひでただ)のもとに赴き、その堂々たる態度を賞賛された。俗説ではこれを茶臼山(ちゃうすやま)の家康のもとでのこととするが誤りである。夏の陣では、若江(わかえ)に出撃して井伊直孝(いいなおたか)の兵と戦い、力戦のすえ壮烈な討ち死にを遂げた。行年21歳とも24歳ともいう。討ち死にを覚悟して、兜(かぶと)に名香をたき込め、首実検をした家康を感嘆させたという話は有名。[岡本良一]
『岡本良一著『大坂冬の陣・夏の陣』(1972・創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村重成の関連キーワード今川範以宮城豊盛牧興相伊達氏憲房色大崎長行木村重茲木村常陸介洞仙寺良悦三谷等哲

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村重成の関連情報