コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末梢血幹細胞移植 まっしょうけつかんさいぼういしょくperipheral blood stem cell transplantation

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末梢血幹細胞移植
まっしょうけつかんさいぼういしょく
peripheral blood stem cell transplantation

末梢血幹細胞peripheral blood stem cell(PBSC)を用いた造血幹細胞移植。造血幹細胞は主として骨髄に存在し、骨髄液1ミリリットルあたり10万~100万個の造血幹細胞が存在するが、末梢血液中には1ミリリットルあたり約100個の造血幹細胞しか存在しない。これらの末梢血造血幹細胞も骨髄細胞と同様に造血幹細胞移植に応用できるが、きわめて少ないため応用しにくかった。
 1980年代から骨髄に存在する多くの造血幹細胞を末梢血液中に導き出す方法が開発されてきた。骨髄抑制の強い化学療法を行った後の造血回復期や、顆粒(かりゅう)球コロニー刺激因子granulocyte colony stimulating factor(G‐CSF)などの造血因子の投与により造血幹細胞が末梢血液中に出現することがわかってきた。このようにして血液中に動員した末梢血幹細胞を用いて、造血幹細胞移植を行うことを末梢血幹細胞移植(略称PBSCT)とよぶ。
 末梢血幹細胞は通常、血液成分分離装置を用いて採取する。造血幹細胞は細胞表面にCD34抗原を有するので、採取した細胞のCD34抗原を調べ、一定量が存在することを確認して移植に用いる。移植に必要なCD34抗原陽性細胞数は患者体重(キログラム)あたり1~2×106個と考えられている。採取した末梢血幹細胞をすぐに移植しない場合は、凍結保存することも可能である。とくに自己末梢血幹細胞移植の場合は、患者自身の末梢血幹細胞を採取し凍結保存する。その後、患者に大量の化学療法を行い悪性細胞を死滅させた後、凍結しておいた自己末梢血幹細胞を解凍し輸注する。
 末梢血幹細胞移植の特長として、全身麻酔下での骨髄採取を要しないこと、移植後の造血回復が速いことがあげられる。現在、自己移植においては骨髄移植はほとんど行われず末梢血幹細胞移植にとって変わったといってよい。また、兄弟姉妹など同胞間の移植においても、末梢血幹細胞移植が普及してきた。この場合、ドナーにG-CSFを投与し血液中に出現した末梢血幹細胞を血液成分分離装置で採取する。末梢血幹細胞には、骨髄よりもリンパ球などの免疫担当細胞が多く含まれるので、免疫反応により白血病細胞を減少させる免疫療法の意義が期待される。[比留間潔]
『原田実根・薗田精昭・高上洋一編『末梢血幹細胞移植――基礎から臨床まで』(1995・南江堂) ▽原田実根・加藤俊一・薗田精昭編『新しい造血幹細胞移植――末梢血幹細胞移植(PBSCT)・臍帯血移植(CBSCT)・CD34陽性細胞移植・ドナーリンパ球輸注療法(DLT)』(1998・南江堂) ▽池田康夫著『症例に学ぶG‐CSFの臨床』(1999・医薬ジャーナル社) ▽原田実根・薗田精昭・高上洋一編『末梢血幹細胞移植の実際』(2001・南江堂) ▽広田豊・原宏編『血液成分治療――細胞療法の夜明けから臨床医療への応用』(2004・医薬ジャーナル社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

末梢血幹細胞移植の関連キーワードアミロイドーシス臍帯血幹細胞移植がんの化学療法多発性骨髄腫手術

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末梢血幹細胞移植の関連情報