コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責め セメ

デジタル大辞泉の解説

せめ【責め】

精神的、肉体的に苦痛を与えてこらしめること。せめること。「責めを食う」
負わされた任務。責任。義務。「責めを果たす」
刀の鞘(さや)、扇子などの端からはめて留めるたがのような輪。
邦楽や舞踊で、終曲近くの高声になったり、急調子になったりする部分。
横笛で、強く吹いて高く鋭い音を出すこと。また、その音。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せめ【責め】

〔動詞「せめる(責)」の連用形から〕
こらしめなどのために加えられる肉体的・精神的苦痛。 「水火の-にあう」 「 -を食う」
(他から負わされた)責任。任務。 「 -を果たす」
刀の鞘さや・扇子・唐傘などの端からはめて留めておくための金属の輪。せめ金具。せめ金物。 → 太刀
邦楽や舞踊で、終曲近くの調子を高めたり、拍子を速めたりする部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

責めの関連キーワード責め落とす・責め落す心の鬼が身を責める責め道具・責道具真綿で首を締める責めせっちゃう責め場・責場責め具・責具生らな切ろ誅伏・誅服責め惑はす吊るし上げ生を変える野伏せり責任転嫁理屈責め焦熱地獄無間の釜痛め吟味木呪い謀り事

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

責めの関連情報