コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本説 ホンセツ

3件 の用語解説(本説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐せつ【本説】

《古くは「ほんぜつ」とも》
根拠となる確かな説。典拠。
「この月、よろづの神達太神宮へ集まり給ふなどいふ説あれども、その―なし」〈徒然・二〇二〉
和歌・連歌・俳諧・能楽で、1句・1詞章を作るときの典拠となる物語・詩文・故事などの本文。
「脇の申楽(さるがく)には、いかにも―正しき事のしとやかなるが」〈花伝・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんせつ【本説】

〈ほんぜつ〉とも読む。根拠となる説の意。また和歌,連歌,俳諧,謡曲の創作にあたって典拠とした本文のうち,和歌以外の物語,漢詩文,故事,ことわざなどをいう。本説に依拠して詠歌することは,〈本歌取り〉と同様に,表現内容を豊かにし余情を深める技法として古くから行われたが,もっとも盛んであったのは新古今時代である。特に藤原俊成が《六百番歌合》の判詞で《源氏物語》尊重を主張して以来,《源氏物語》をはじめとする平安朝物語を典拠とすることが中世の歌人たちに広く行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんせつ【本説】

〔古くは「ほんぜつ」とも〕
根拠となる説。 「この月、よろづの神たち太神宮へ集まり給ふなどいふ説あれども、その-なし/徒然 202
和歌・連歌・俳諧を詠出する際にその拠り所となった物語や漢詩・故事・俗諺などのこと。典拠。 「かやうに定家の歌は-をふまへてよみ侍るなり/正徹物語」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本説の関連キーワード街頭演説冠絶懸絶証歌証本弁舌本経悶絶本税

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本説の関連情報