コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本説 ホンセツ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐せつ【本説】

《古くは「ほんぜつ」とも》
根拠となる確かな説。典拠。
「この月、よろづの神達太神宮へ集まり給ふなどいふ説あれども、その―なし」〈徒然・二〇二〉
和歌・連歌・俳諧・能楽で、1句・1詞章を作るときの典拠となる物語・詩文・故事などの本文。
「脇の申楽(さるがく)には、いかにも―正しき事のしとやかなるが」〈花伝・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんせつ【本説】

〈ほんぜつ〉とも読む。根拠となる説の意。また和歌連歌俳諧謡曲の創作にたって典拠とした本文のうち,和歌以外の物語,漢詩文,故事,ことわざなどをいう。本説に依拠して詠歌することは,〈本歌取り〉と同様に,表現内容を豊かにし余情を深める技法として古くから行われたが,もっとも盛んであったのは新古今時代である。特に藤原俊成が《六百番歌合》の判詞で《源氏物語》尊重を主張して以来,《源氏物語》をはじめとする平安朝物語を典拠とすることが中世の歌人たちに広く行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんせつ【本説】

〔古くは「ほんぜつ」とも〕
根拠となる説。 「この月、よろづの神たち太神宮へ集まり給ふなどいふ説あれども、その-なし/徒然 202
和歌・連歌・俳諧を詠出する際にその拠り所となった物語や漢詩・故事・俗諺などのこと。典拠。 「かやうに定家の歌は-をふまへてよみ侍るなり/正徹物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本説の関連キーワード根本説一切有部毘奈耶モナルキアニズム信貴山縁起絵巻ビクトル1世ダイナミズム宇治拾遺物語痩せさらぼふ新古今和歌集詰め所・詰所平林 治徳掻き出だす古本説話集質料形相論今昔物語集4月22日むかわる香川修庵持て行く大和物語口に乗る

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android